ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グアムからたった1時間!太平洋に浮かぶ奇跡の島「ジープ島」が美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

th_スクリーンショット 2015-04-05 18.32.21

あなたは、宝石のように美しい奇跡の島「ジープ島」のことをご存知でしょうか?

ミクロネシアの海にポッカリと浮かぶ、童話の世界の島のような「ジープ島」。

このグアムから1時間で行ける直径34メートルの小さな南の島は、第二次世界大戦まではあまり知られていない無人島で「婚島」と呼ばれていました。

それを海洋研究家の吉田宏司氏が1997年に単身で移住し、開島したという特異な歴史を持っています。島内にあるコテージには、最大13名までしか宿泊出来ず、まるでプライベートビーチを所有しているかのよう。

360度海に囲まれた無人島であり、スコールが多いため虹がよく見られることでも知られています。二重の虹がかかる事も珍しくない、まさに楽園のような場所。

島の周りには宝石のようなエメラルドグリーン色の海が広がり、熱帯魚やイルカと間近で戯れることもできるんです。

透明度の高い海で輝く宝石のような魚たち。圧倒的な大自然が優しく疲れを癒してくれます。満点の星空の下、何もしない贅沢がそこにあります・・・。

ジープ島には、すべてを忘れ、私たちが現代の生活で失ってしまった何かを取り戻す時間があります。

ジープ島の美しさを紹介するDVDも販売されているので、ぜひ行く前にチェックしてください。

Top photo by U.S. Fish and Wildlife Service Headquarters /
Licenced material used with permission by :aquageographic 

関連記事リンク(外部サイト)

絶対に行くべき!まるで、天国のように美しい沖縄の「コンドイビーチ」
【話題殺到】まるで、星が落ちてくるよう。日本で最も美しい「阿智村の星空」
死ぬまでに一度は泊まりたい!国内のユニークな宿泊施設「16選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。