ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

同窓会代行業の会社社長 自身の幹事経験で起業を決意した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 同窓会の幹事を引き受けたものの、卒業してしばらく経つと、連絡先がわからなくなって途方に暮れる人もいる。そんな人を助けてくれるサービスが今、大盛況だという。同窓会の代行業を行う会社・同窓会ネットの代表取締役・伊丹正人さんに起業の理由を聞いた。

「約15年前、私が同窓会の幹事をした時、あまりの忙しさに、幹事代行をしてくれる会社があればと思い、それから間もなく起業しました」という伊丹さん。

 それ以来、大阪本社と東京支店のほか、依頼があれば全国どこででも同窓会を代行している。

「同窓会の幹事は大変ですが、新たな友情が芽生えたりすると嬉しいもの。学生時代は苦手だった人も、大人になって共通の趣味を持っていたりして、時を経て再会したからこそ深いつきあいができる。そんなお手伝いができれば」

 また、利用者はどのような感想を持っているのだろうか。

「卒業以来疎遠になっていた人が多かったのですが、すぐに昔のしゃべり口調になって会話が弾みました。タイムカプセル公開や校歌斉唱など、みんなが参加しやすい内容で、近くにいた人と話すきっかけにもなりました。2時間じゃ足りないから、2次会にも行こうと思います!」(Bさん・主婦)

「昔の写真も用意してくれていたので、先生も含め盛り上がりました! タイムカプセルに入れた作文に、当時好きだった人と25年経っても仲よくしていたいって書いてありました。すっかり忘れていたけれど、今でも大切な友達です。願いが叶っていてうれしくなりました」(Cさん・会社員)

※女性セブン2015年4月9日・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同窓会の「幹事代行」 仕事や子育てで忙しい30、40代に人気
学生時代リーダー格だった人は同窓会幹事には向かぬと専門家
金子哲雄氏 “絆”ブームで今年は同窓会が増えると予測する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP