ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

IoTの火加減革命!? スマートフライパンで、今年こそ料理男子になる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この季節、ひとり暮らしとともに、自炊を始める人も多いのではないだろうか。どうせ自炊するならおいしい料理を作りたいけど、初心者にとって一番の難関は、「火加減」にほかならない。確かに料理は火加減ひとつでおいしくなる、という話は聞くけれど、慣れるまではコツを掴むのがなかなかにして難しいもの。

そんな人にオススメしたいのが、「Pantelligent(パンテリジェント)」というガジェットだ。内部に温度を測るセンサーが組み込まれた、まさにIoTでインテリジェントなフライパンである。調理中にフライパンの表面温度と加熱時間を読み取り、専用アプリをダウンロードしたスマートフォンに測定データを送信して表示。料理ごとに適切な温度をアドバイスしてくれるのだ。

また、アプリには多数のレシピを掲載。材料や手順のほか、”どのタイミングで食材をひっくり返せばいいか”なども細かく具体的に教えてくれる。これなら初心者でも失敗することなく、また初心者でなくても、よりおいしく調理ができるようになりそうだ。

昨今では料理男子なんて言葉も耳にするけど、紹介動画によると、「Pantelligent」さえあれば料理男子どころか”マスターシェフ”になれるとか。自宅でホームパーティーを開いて、手づくりの料理をふるまえば、みんなから一目置かれること間違いなしだ。

「Pantelligent」の販売金額は、249ドル(約30,000円)。今夏発送開始予定だ。

関連リンク

Pantelligent

関連記事リンク(外部サイト)

スマホで自転車ライフを一括管理。盗難防止にもなる自転車アクセサリー
二軒目はうちのバーで。スマホでカクテルが作れるガジェットが登場
一面に広がる謎のトゲトゲは一体なに? KDDI研究所「電波無響室」に潜入!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP