ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AutoMate : スマートフォン・タブレットをAndroid Auto風のUIで利用できるようにするドライバー向けAndroidアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の自動車用 Android プラットフォーム「Android Auto」のようなドライバー向けのダッシュボード機能を提供する新プロジェクト「AutoMate」がローンチしました。既にベータ版アプリも提供されています。AntuMate は外部の開発者がコミュニティを形成して開発を進めているアプリで、Android Auto のような Material Design ベースの車載用 UI を備えたところが特徴と言えます。AutoMate を起動すると、中央に通知を、下部にナビゲーションボタンを備えたメイン画面が表示されます。通知の上部にはスピードメーターも表示されます。まるでAndroid Auto のようです。UI は縦向きでも表示されます。下部のナビゲーション画面には、Google マップ、電話アプリ、音楽プレイヤーといった運転中によく利用する機能のショートカットや、アプリショートカット一覧ボタンが表示されます。AutoMate ではアプリまでも Andnroid Auto 風の UI で表示されるので、運転中でも利用しやすいかと思います。AutoMate は同アプリの Google+ コミュニティに参加し、ベータテストプログラムに登録するとダウンロード可能になります。Source : Google+


(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「G2 L-01F」にL01F11lビルドのアップデートを配信開始
Xperia海外モデルの日本語フォントがAndriod 5.0.2アップデートで変更された模様
OPPO Find 9とされるスマートフォンの画像がネット上で出回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP