ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フィルタリングの利用率が減少 子供のスマホリスクに警鐘も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月の新入学や進級にあわせスマートフォンを購入する家庭が多いが、ウィルスや情報漏えいなどの対策を何もしないまま子供に与えていないだろうか。ガラケーが主流の時代には定番だったフィルタリングサービスだが、2012年をピークに利用数は100万件以上減少し、とくにスマホでの利用率は5割に満たない。危うさが増しているのに、対策がとられることが減っている。たとえば「LINEが使えなくなる」などのフィルタリングへの誤った認識が利用を遠ざけているようだが、それは事実に反する。

「フィルタリングにはアプリの使用を制限する機能がありますが、保護者がカスタマイズすれば使えるようになります。何でも禁止するのではなく、保護者とお子さんの間で、そのアプリはどんなことができるのか、なぜ使いたいのかといったことを話し合って理解を深めたうえで使ってください。また、LINEは3月末日にEMA認定を取得しています」(総務省総合通信基盤局電気通信事業部消費者行政課・橋本桂樹さん)

 EMA認定とは、一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構が実施している運用管理体制認定制度のこと。この認定を受けたサイトやアプリは、各キャリアが提供するフィルタリングからあらかじめ解除される。この認定をLINEのAndroid版とWindows Phone版が3月31日に取得し、iPhone版などでも同様の認定取得を目指している。LINE以外にもニコニコ動画やGREE、モバゲー、魔法のiらんどなどが同じ認定を受けている。

 LINEアプリのEMA認定取得によって言いわけがひとつ消えた。これでフィルタリングの利用率は改善するだろうか。しかし、現実は厳しそうだ。スマホに関連する物事が複雑になりすぎているからだ。

 高校生の息子がスマホを使っているという50代の団体職員男性に、フィルタリングを設定しているかと尋ねたところ、「どうだったっけ?」と首をかしげていた。その後、息子にきいたところ何も設定していないことが判明し「何を見ているんだか」とため息をつきながら言う。

「たぶん、スマホを買ったときに窓口で説明はされていると思います。でも、長々と説明されたなとしか思い出せない。まず料金体系の説明があって、使用容量に通話時間、オプションの話なんて、もうわけがわからないですよ。一番最初に話してくれれば、フィルタリングのことも覚えていたかもしれないですけどね」

 彼が特別に無関心な保護者というわけではない。多くの親が似たような状況だ。総務省を中心に関係各府省庁・関係事業者等と連携、協力して、フィルタリングの推進や青少年・保護者等のリテラシー向上の取組を集中的に行う「春のあんしんネット・新学期一斉行動」を昨年に続き今年も2月から実施している。

 スマホをもつ上で子供が遭遇すると考えられるトラブルは、大きく4つある。

【1】顔写真や名前などを含む、意図しない情報の流出
【2】いじめや事件に巻き込まれる
【3】ウイルス感染
【4】詐欺

 これらの被害を小さくするには、子供たちのリテラシーを高めていくのが重要だ。そのためには頭ごなしにすべて禁止するのではなく、機能をどのように使っていくのか保護者と子供とでお互いに理解を深めるため、フィルタリングを活用すべきだ。

「制限することがフィルタリングだと思われがちですが、ときには心に傷を負ってしまうような有害情報も防げるメリットあるものです。フィルタリングとは、自転車の補助輪のようなもの。自転車の乗り方を覚えるように、迷惑メールなど小さなトラブルに対処しながらネットのリテラシーを高めていけるツールです。補助輪を外しても、最初は後ろから支えてあげたりしますよね。そのサポートをフィルタリングはしてくれます」(前出・橋本さん)

 信号機を見たことがない子供を、いきなり交差点の真ん中に置いてゆく親はいないだろう。使い方を確認しないままスマホを与えてしまうのは、それに似た行為だといえる。新学年が、より充実した楽しいものとなるよう気をつけたい。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
続出不当請求トラブル アプリDLで個人情報抜かれるケースも
カメラで選ぶスマホ3機種と写真加工でお勧めアプリ2つ紹介
金環日食 デジカメや携帯で直接撮るとセンサー壊れる恐れも

NEWSポストセブン
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP