ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

植松晃士氏 ファッションはこだわりすぎると化石化すると警告

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 好きなファッションがあることはいいことだが、こだわりすぎると“化石化”してしまうという。その理由について、ファッションアドバイザーの植松晃士さんが解説してくれました。

 * * *
 さて以前、「長い間、延々と同じイメージの装いを着続けている女性は、本当に残念」とお話ししましたが、これについてさまざまなご質問を受けました。

 代表的なものは、「自分にいちばん似合うスタイルにこだわるのは、悪いことじゃないでしょう?」というもの。もちろん、本当に似合っていれば問題ありません。でも、それが自分だけの「思い込み」だとしたら?

 自分のスタイルを持つのは素敵なことですが、こだわりすぎると、ファッションの化石化、シーラカンス化が起こります。「思い込み」で、毎日似合わないスタイルを着続けていたら、その人は他人には「毎日、素敵じゃない人」と認識されます。

 でも、ちょっと違うテイストの洋服を着て、目先を変えられたら、もちろん「今日は凡打」の日もあります。でも、「今日はホームラン!」という日も、まさかの「ランニングホームラン!」だって起こる可能性があるんです。

 ファッションの化石化は、「頭の中の7割が食べること、2割は寝ること、残りは人のうわさ」で占めているような女性に多く見られます。

 私はいつもこういうかたに、「習い事してみたら?」とおすすめしています。実は私自身、ここ数年続けているピアノの他に、遂にフラワーアレンジメントを習い始めました。

 お花の名前を覚えたり、一輪の花の、つぼみから散るまでの過程をゆったりと見守ったり。あるいは教室に集まる生徒同士、無言のファッションチェックを繰り広げたり。

 大勢の人と交わることで、話題の選び方など、毎回、何かしらの気づきがあってとても新鮮です。「学ぶ」ことで、人生が深く、豊かになっていくのを実感します。

 私の知人にも、最近、着付けを習って着物デビューしたかたがいらっしゃるのですが「着物を着ているだけで周囲から褒められるし、世の中がまるで違って見えるのよ」ですって。

 こうして周囲におだてられて、するするっと木に登り、目の覚めるような派手な着物を新調したとか…。こういうワクワク感はとても大事。女性が若さをキープする秘訣のひとつです。

※女性セブン2015年4月9日・4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
人気モデル・ヨンアを撮り下ろし ベッドの上で艶やかな視線
被災地の工場でつくられた衣装をまといファッションショー
浜崎あゆみ ラフォーレ原宿で20分で42万9800円の買い物

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP