体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ひと先試食】360度ざくざくもちもち!  ミスド待望の新商品『ブルックリンメリーゴーランド』を試食してみた

DSC00359

今年で45周年を迎えるミスタードーナツから4月9日(木)より新商品やキャンペーンが登場。フォトレビューとともにご紹介いたします。

※全ての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
http://getnews.jp/archives/901112

新商品『ブルックリン メリーゴーランド』を試食

DSC00363

ブルックリンの文化“新しいものと新しいものを組み合わせる”ことに影響を受け、誕生したという『ブルックリン メリーゴーランド』。ざくざく食感のクッキー生地ともっちりベーグルの生地が組み合わせられた新たなコラボレーションをぜひご堪能あれ。

・キャラメルアーモンド

DSC00366

クッキー生地とスライスアーモンドのざくざく食感の相性が抜群です。更にキャラメルグレーズ、ホワイトチョコがコーティングされており、甘党さんにはたまらないドーナツ。

・チョコレートナッツ

DSC00370

定番のダブルチョコレートコーティングです。

DSC00372

しっとりチョコにパンチを効かせるのが、ゴロゴロ付いているアーモンド。クッキー生地、チョコレート、アーモンドアーモンドクランチのそれぞれの食感を楽しめます。

・グリーンティー&ブラウニー

DSC00375

ほろ苦い抹茶チョコと甘さ控えめのブラウニーと、少し大人な甘さが新鮮。時々ホワイトチョコレートの香りがふんわりと漂い、食べるのを飽きさせません。

・プレーン

DSC00377 DSC00379

100%クッキー生地を楽しみたいなら、プレーンがおすすめです。生地のありのままの味を楽しんだ後は、『ブルックリン メリーゴーランド』はメープル入りシロップを付けて。

sub1

ちなみに、ニューヨークのブルックリン・ブリッジ・パークの中のイーストリバー越しにある新名所、“Jane’s Carousel(ジェーンズ・カルーセル)”をモチーフにしたドーナツが『ブルックリン メリーゴーランド』なのだそうです。

1 2次のページ
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。