ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小技うまい選手が二塁手の定番だったのが阪神優勝で変わった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1985年の日本シリーズで9併殺を奪い、阪神タイガースの日本一を支えた二遊間コンビは、遊撃手の平田勝男氏と二塁手の岡田彰布氏だった。岡田氏には強打者としての印象が強いが、1985年にはダイヤモンドグラブ賞も受賞している。二塁手とは元来、打撃よりも守備が重視されていたのが、「1985年の阪神優勝によって流れが変わった」と岡田氏は指摘する。以下、岡田氏による二遊間論である。

 * * *
 プロになって初めて二塁を守ったが、二遊間は守備機会が一番多い。バントシフトやカットプレーをはじめ、走者が出ると牽制やゲッツーなど二遊間が必ず絡んでくる。守備で「やること」が多いので守りに重点が置かれていた。

 ベンチも一塁手と三塁手は打って、二遊間は堅実に守ってくれればいいという考えだった。オレの時代も二塁手の打順は1番か2番が定番。送りバントなど小技のうまい選手が多かった。篠塚和典、高木豊、正田耕三、大石大二郎といった打撃のいい選手でも、走者を返すよりチャンスメイクをする役割だった印象が強い。

 それが少し変わったのが、阪神が日本一になった1985年だった。二塁手のオレも掛布雅之さんやバースと中軸を形成し、甲子園バックスクリーンへの3連発が象徴しているように攻撃力を重視した守備配置を敷いていた。

 星野阪神がリーグ優勝した2003年も似ていた。オレは内野守備コーチをしていたが、中堅手に俊足で守備範囲が広い赤星憲広がいたこともあって、星野監督は二塁手に今岡誠を起用した。今岡は12本塁打と首位打者で優勝に大きく貢献した。今岡は二塁手タイプの選手ではなかったが、前年15本打った打撃力を期待されての起用だった。

 ただオレは監督2年目の2005年にその今岡を三塁手にコンバートした。守備の負担を軽減させてやるためだった。二塁手の経験があるオレとしては、今岡の打撃を活かすためには二塁守備が障害になると考えた。結果、打撃に集中できた今岡は打点王に輝いてリーグ優勝に貢献してくれた。これもある意味、攻撃力重視の守備配置といえる。

 実際、打撃に影響するほど二塁手はいろんなプレーが求められる。一塁のカバー、バントシフトでの動き、外野とのカットプレーなど、運動量はズバ抜けて多い。今岡は地肩が強かったので無理な体勢からでも送球はできたが、動きが逆ということが難しさを増した。

 ダブルプレーはチームにとって大きい。選手時代はあまり感じなかったが、監督になるとダブルプレー崩れでランナーが残るのがものすごく嫌だった。失点に結びつくイメージがあり、特にイージーゲッツーが崩れると失点に結びついた印象がある。そのためには二遊間の守備をおろそかにできない。

 捕手が扇の要なら二遊間は野手の要。捕手のサインと構えが見えるため、野手全部に守備隊形の指示を出せる。投手が捕手の構えと逆に投げていることで好不調もわかる。ベンチはデータに基づく守備隊形のサインしか出せないが、二遊間はリアルタイムでサインを出せる。だが、二塁手が好打者なら明らかにチームは変わる。そう考えると、どこまで守備力を犠牲にして打撃を優先すればいいかの答えはない。だから野球は面白い。

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
篠塚和典 頭脳的で華麗なゲッツーほど痛快なプレーなかった
広岡達朗氏 最近は遊撃手で素晴らしいと思える選手がいない
鎌田実のバックハンドトス 吉田義男が相棒だから生まれた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP