ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

浴室カビ防止 室温、湿度、栄養の条件から1つ欠けさせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「カビ対策というと梅雨しかしないという人が多いですが、お風呂では一年中注意が必要。黒カビが見えるようになったら手遅れなんです」と語るのは、花王の弦巻和さん。黒カビの対処法を教えてもらった。

「カビは10万種類くらい存在します。浴室だけでなく、一年中どんなところにもいて、空中を漂っているのです。そして、居心地のいい場所を見つけると付着して発芽。菌糸をのばし、新たな胞子を生み増やしていきます」(弦巻さん。以下「」内同)

 カビの居心地のいい場所の条件とは、【1】室温が20~30℃、【2】湿度は70~90%、【3】栄養と酸素がある場所といわれる。

 つまり浴室こそ、カビが発育しやすい最適な場所というわけだ。これでは浴室からカビを締め出すなんて無理のような気がするが…。

「逆に言うと、この3条件がそろわなければ、カビは発育できません。入浴後は水をかけて室温を下げる。湿度を下げるため、水気を拭い換気する、カビのえさとなる皮脂などの汚れや湯あか、石けんかすを洗い、清潔に保つ。これら3つのうち、どれかひとつを続けていれば、カビは防止できます」

 すでに生えてしまったカビはどうしたらいいのか。

「カビは除菌効果のある浴室用洗剤で防げます。とはいえ、黒いカビの色素は、カビ取り剤でしか落ちません。市販のカビ取り剤を使うと、除菌も漂白もできて便利。一度で落ちなくても、何度か続けるうちに色が落ちてくるはず」

 とはいえ、黒カビは発育させないことが重要。

「カビは目に見えるようになったらある意味、手遅れ。梅雨の時期だけでなく一年中気にかけてください」

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
風呂掃除 塩素系洗剤一辺倒はNG、各汚れに適す洗剤使い分けを
お風呂のカビ 除去ではなく発生自体を抑える初の商品が人気
力道山空手チョップ 2台の街頭テレビに12000人集まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP