ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立つか座るかの大問題 男性に自粛求める警句の数々を分析

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 男性でもトイレの清潔を保つために座って小用をたすべきなのか。「座りション」vs.「立ちション」の争いの向こうに、男性のブライドを刺激せずに従わせる大人力があった。大人力コラムニストの石原壮一郎氏が解説する。

 * * *
 ここ数年、男性のオシッコ事情が大きな曲がり角を迎えています。前々から衛生面や掃除の手間を理由に「洋式便器だけのときは、男も座ってするべきだ!」という声が高まっていましたが、「座ってオシッコをするなんて男のコカン、いやコケンに関わる!」といった反発も根強く、立ちション派と座りション派の静かなせめぎあいが続いていました。

 そんな戦いに、ついに終止符が打たれるかもしれません。今年1月、屋外用チラシケースなどを販売する「テクテク」(愛知県豊橋市)が、立ちションの自粛を促す「男性トイレマナーステッカー」をネット発売したところ、たちまち大人気に。3月に入ったころから、いろんなメディアで取り上げられまくっています。

 ある調査によると、男性が立って用を足すと、1日で2000以上の尿滴が便器や床や壁に飛び散るとか。それがトイレ全体を臭くする原因にもなります。オシッコをするたびに自分で掃除をするならともかく、冷静に考えると洋式便器で立ちションにこだわり続けるのは難しいかもしれません。すでに男性の半分以上が「座りション派」になっているという調査結果もあります。

「テクテク」が作ったステッカーは、駐車禁止の標識風に立ちション姿の図案を赤い縁で囲んで赤い横棒が入っているものや、「男子も座って使ってね」というお願いのセリフが入っているものなど、全部で13種類。amazonの販売ページには「男子のプライドを傷付けず『言われなくても見ればわかる』お気楽な方法」とあります。

 たしかに「男子のプライド」というヤツはなかなか厄介で、頭では「座ってしたほうがいいかも」と思っていても、頭ごなしに「座ってしてよね」と命令されるとカチンときてしまうかもしれません。自宅や知り合いの家や居酒屋のトイレにステッカーが貼ってあったときに、どう書いてあったら素直に座ってオシッコする気になれるか。いろいろある中から「大人のお願い力」が高そうな文言ベスト3を独断で選んでみました。

 まずは3位から。「デキる男は座りション! ノーモアアンモニア臭! Thanks!」を謹んで選ばせていただきます。「デキる男」とおだてて、なぜ座る必要があるのかを説明してくれているので、「座るよ、俺は」とちょっと得意げな気持ちで座れるでしょう。

 2位は「男子も座って使ってね Please sit down to pee!」で。男の妄想というのは便利なもので、しょせんシールに書いてあるだけの文言ですが、頭の中でとってもかわいい女の子がやさしく語りかけてくれているような気になれます。

 栄えある(?)1位に選ばせてもらったのは「モテる男は座りション! 男子も座って使ってね! 座りションは女子を救う Thanks!」。モテる男になった気分が味わえる上に女子を救えるんですから、座りションぐらい喜んでします。もしかしたら一部の視野や心の狭い人は「『女子を救う』とは何事か。ハナからトイレ掃除は女子の役割と決めつけるのはケシカラン!」と怒り出すかもしれません。しかしこれは、次に入った女子が快適に使えるという意味だと解釈するのが妥当でしょう。そんな奥行の深さも魅力です。

 図案だけで命令されるバージョンだと「大きなお世話だ」という思いが先に立ってしまうかも。「立ちション禁止(ドイツ式)」と大きく書いてあるものもありますが、「勝手に禁止するのはどこのドイツだ」とベタなダジャレで反論したくなりそうです。

 仕事でも、座りションステッカーから学んだ「大人のお願い力」を活用したいところ。部下に面倒な作業、たとえば名簿の整理を頼みたいときは、「モテる男は名簿の整理だよ! キミが名簿の整理をすれば多くの女性社員が救われる。ノーモア宛て先不明のDM。ウフッ、課長からのお願いよ。Thanks!」ぐらいのことを言えば、少なくとも「これは逆らわないほうがよさそうだ」と思って引き受けてくれるでしょう。

 また、女性社員の前で部下や後輩の男性に「お前はまだ、立ちション派なのか。俺は座りションだ。座りションはいいぞ!」と力説するのもオススメ。女性への思いやりの深さや時代の波を敏感にキャッチしていることをアピールできて、きっとウットリされます。

 オシッコの仕方ひとつでモテをつかめるなんて、なんてありがたいのでしょうか。「小事が大事」という諺がありますが、きっとこういうことですね。しかも、いつも座りションで「小事」に臨んでいれば、急に「大事」が訪れても迅速に対応できます。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自宅トイレの“座りション男性” 5年間で9.7%増加する
「男の座りション」義務化論争は次の選挙を考えたアピールか
高齢女性 電車座席に鞄置き「後から友達乗ってくる」と説明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP