体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

合言葉は「トンガリ!」、ついにオープンした東京ワンピースタワーをレポート!

Tokyo One Piece Tower 東京ワンピースタワー

東京ワンピースタワーエントランス
(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Amusequest Tokyo Tower LLP

3月13日、東京タワーフットタウンの1階と3階~5階に「東京ワンピースタワー」がオープンした。

現在、集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載中の「ONE PIECE(ワンピース)」。昨年末第76巻が発行され、累計3億2000万部を突破している。世界35以上の国と地域で発行され、TVアニメも絶好調、東映アニメーションとしては史上最長の放送15年目に突入している。

「東京ワンピースタワー」は、そんな大人気作品「ワンピース」初となる常設大型テーマパーク。パーク全体が新世界に浮かぶ「トンガリ島」というコンセプトで、主人公モンキー・D・ルフィが“麦わら一味”やトンガリ島の島民とともに作った遊び場という設定になっている。一味のナワバリであるトンガリ島には世界中から一味のファンが集まり、映像やアトラクションなどを通して彼らの冒険を追体験することができるのだ。

3階はエントランスや原作者・尾田栄一郎によるトンガリ島オリジナルイラストや漫画の名シーンを振り返る展示を中心に展開。4階~5階には、狙撃の名手ウソップの作った狙撃場「ウソップの目指せ狙撃王」、怖がりのブルックがプロデュースした「ブルックのホラーハウス」など遊び場が満載。特殊効果付の体感型ワイドシアターや鏡張りの迷路などからなる複合型アトラクション「ルフィのエンドレスアドベンチャー」も大きな見どころのひとつだ。

また、各フロアには記念撮影スポットも満載。また場内の至るところで、トンガリ島の住人であるクルーたちが、「トンガリ!」という挨拶で元気いっぱいに観客を迎えてくれる。

観覧のため入場整理券が必要になるのが、「ONEE PIECE LIVE ATTRACTION」。プロジェクションマッピングやLEDライトを駆使したライブショーで、盛り上げ上手のキャストとともに、ステージと客席が一体となってエンジョイすることができる。

また、入場券が不要な1階ゾーンには、レストラン&カフェやワンピースグッズを扱う「麦わらストア」がオープン。東京ワンピースタワー店限定のグッズも多種販売されており、こちらも話題を呼んでいる。

※写真は2015年3月12日プレス内覧会時点のもの。仕様や価格の変更、売り切れる場合、ラインナップが変更になる場合などがございます

(C)尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)Amusequest Tokyo Tower LLP

Tokyo One Piece Tower 東京ワンピースタワー

「ワンピース」初の常設大型テーマパーク「東京ワンピースタワー」

Tokyo One Piece Tower 東京ワンピースタワー

「トンガリ島」のクルーたち、衣装を考案したのは原作者・尾田栄一郎

Tokyo One Piece Tower 東京ワンピースタワー

「出会いの洞窟」

Tokyo One Piece Tower 東京ワンピースタワー
1 2 3 4 5次のページ
YATTAR JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。