ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うどん県のレア物アイテム勢揃い@道の駅源平の里むれ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

最近は、どこの街に行っても、道の駅があって、それぞれの特産品を販売してますよね。
うどん県の旅の途中、「源平の里道の駅むれ」に立ち寄ってみました。(香川県高松市牟礼町原631−5) 

鉄道マニアが泣いて喜びそうな展示が。「ことでん」こと、琴平電鉄の開業時の保存車両が置いてあるのだそうです。

さっそく道の駅の中へ。

道の駅といっても、ここは1キロほど先が海岸寄りなので、駅の中で、新鮮な魚介類が食べられるようになってます。食堂は大盛況でした。

香川県は、漁業や畜産のほかに、野菜や果実栽培が盛んなんですが意外に知られていないようです。そのためか、PRブースがあちこちに設けられていました。

ここまでは、どこの県の道の駅にもあるお約束の展開なんですが……

そこから先は、うどん県ならではの、ぶっとんだグッズがてんこ盛りでした。

名刺入れだそうです。

素晴らしい郷土愛です。

お子さんも郷土愛を学んでいます。

注:お肉のパックではありません。エコバックです。

広げるとこんな感じになります。ちなみに、モデルになった牛さんがいたそうですが……

うどん県のみなさんは、本当につけてるんでしょうか?

骨つき鶏というのが、地元では名物らしくて、そのフレーバーの御菓子があるのだそうで。かなりワイルドですね。

女の人のお土産に喜んでもらえるかどうかはさておいて、話題にはなりそうですね。

道の駅源平の里むれ
住所   香川県高松市牟礼町原631−5
電話   087-845-6080
営業時間 9:00-18:00(3月-10月)
     9:00-17:00(11月-2月)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「松沢直樹」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP