ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満開の桜の下の姫子

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月に入り、各地で桜の見頃を迎えている。ここ、姫路市立動物園(兵庫県姫路市)にも満開の桜を楽しむ見物客が数多く訪れた。

【もっと大きな画像や図表を見る】

姫路市立動物園は、先日一般公開が再開された姫路城の三の丸広場に隣接する動物園。中央のアジアゾウは、園の人気者でシンボル的存在の「姫子」(2代目)。大きな桜の木の下、気持ちよさそうに鼻を伸ばしている。

園内にはゾウのほか、キリンやカバ、クマなど約40種、約150点のほ乳類が生活しているという。同動物園は、姫路城グランドオープンにともなう混雑対策のため、2015年5月10日まで入園無料になっているという。
(R25編集部)

満開の桜の下の姫子はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

PCで全国の桜「ぼっち花見」可能に
1杯50$高級コーヒーは象のふん
動物園きってのグルメはあの動物!
獣医に聞く! 真夏の動物トリビア
ソメイヨシノ60年寿命説はウソ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP