ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Philips、持ち運べるバッテリー内蔵のスマートLED照明「Hue Go」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Philips (フィリップ)がスマートフォンからでも操作できるスマート照明「Hue」シリーズの新モデルとなる「Hue Go」を発表しました。Hue Go はバッテリーを内蔵しており、持ち運ぶこともできる LED 照明です。Hue のようなバルブではなく、ひとつの照明器具となっています。Hue Go ではフル充電で最長 3 時間の連続動画が可能です。利用するには Hue ブリッジが必要になるので、遠くには持っていけませんが、例えば、宅内から庭に出るときのちょっとした懐中電灯として、入浴中の灯りとして利用できるので、Hue に比べて用途の幅はかなり広がりそうです。Hue Go もスマートフォンからの操作やスマートフォンの通知に応じて点滅する通知機能に対応しています。また、本体にもボタンが搭載されており、スマートフォンがなくても ON / OFF することや、光の色を 7 色で切り替えることもできます。Hue Go の欧州価格は €99.95(約 12,000 円)で、別途 Hue ブリッジが必要です。発売スケジュールは今月より欧州で発売され、6 月には米国で発売されます。日本での発売予定は発表されていません。Source : Philips


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Playストアアプリ v5.4を配信開始、Lollipop端末用のUIに没入感を高める変更を実施
HTC One M9がiFixitで分解、修理のしやすさのスコアは10段階中2の低評価
Android版「Mailbox」がv2.0.1にアップデート、アプリUIがMaterial Design化される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。