ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夜は皆既月食! 赤い月の下で妖艶な夜桜デートを楽しもう♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫


桜が満開を迎えた昨今。この時期、木々を見上げて歩いている人は多いですよね!
でも今宵、4月4日はもーっと上空に注目☆ 月全体がスッポリ地球の影に入る「皆既月食」があるんです♪

夜桜デートがいつもよりドキドキ♡

皆既月食とは、満月が欠けて小さくなったのちに赤胴色に光る満月が現れ、そしてまた小さくなり、徐々に大きくもとの満月に戻っていくように見える天体ショー。日本全国で見ることができます。
桜が赤い光に妖艶にライトアップされ、とっても神秘的で非日常的な夜を過ごすことができそうなこの夜。いつもよりドキドキな格別の夜桜デートを楽しんじゃいましょう♡
また、占星術では月食には人生を変えるような大きなパワーがあるとも言われています。新しいエネルギーに生まれ変わる日でもあるこの皆既月食の夜、彼と過ごしたらまた新鮮な気持ちで付き合えそうですね!

皆既月食の観測ポイント

★時間:月が欠け始めるのが19時15分、ハイライト(赤銅色の満月出現)は20時54分から21時6分までの12分間。

半影月食の始まり17:59
部分月食の始まり19:15
皆既月食の始まり20:54
食の最大21:00
皆既月食の終わり21:06
部分月食の終わり22:45

★方向:南東~南の空
19時頃の南東の空から深夜の南の空に注目。南東方向が開けた安全な場所で観測しましょう!
★撮影のポイント:肉眼で見える今回の皆既月食、スマホのカメラでも撮影できちゃうかも!? ポイントをまとめてみました。

・手を固定して撮る
手ブレしないように手すりなどで手元を固定して。
・シャッターを押してもすぐにカメラを動かさない
露出が長めになるのでブレてしまう危険性があります。
・月の光の量を上手に調整する
月が欠けているときは明るいのであまり光を取り入れないように。反対に、赤銅色の月が見えているときは暗すぎるので、たくさん光を取り入れるように露出やシャッター速度などを調整しましょう。

なおiPhoneの場合、標準カメラアプリで明るい場所を背景に画面を長押しして「AF/AEロック」し「あまり光を取り入れなくてもよい」モードで月に向けてシャッターを押すと月の輪郭が撮影できるようです。
次回、日本で見ることができる皆既月食は3年後の2018年1月31日。そのときに今回撮った写真を彼と見返して、想い出話に花を咲かせられたらいいですね♡
倉科科学センターアストロアーツ] 
cherry image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
男性から「この子、自分のことかわいいと思ってるな」と引かれてしまう行動
友だちの結婚は、自分も幸せになれるチャンス♡
春にはじめたい! うれしい出会いも見込める3つの習い事

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP