ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本美雨 4匹の猫看取った母・矢野顕子は「生きる力強い人」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「サバ美のここ(お腹のあたり)を吸う、魂の交換です」

 猫を愛するあまり、『ネコの吸い方』まで執筆したミュージシャンの坂本美雨さん。サバ美は現在飼っている猫だ。子供時代から一緒に暮らしてきた4匹の猫は、ニューヨークに住む母、矢野顕子が看取った。

「“明日あたり(亡くなる)かもしれない”。母は猫たちの様子をよくメールしてくれました。2匹はがんで闘病していましたので、母の精神的負担は大きかったはず。

 兄はデトロイト、私は日本で暮らしているし、猫はみんないなくなって、母は寂しいだろうと 心配していたら、また近所で保護された猫を引き取ったみたい。母は生きる力が強い人。私もサバ美のときは、どう受け止めるのか。今ペットのボランティア活動をしながら考えています」

※女性セブン2015年4月9日・4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
バブル母 家族社割目当てアパレル企業に娘の履歴書勝手に送る
ユニーク賃貸 犬飼育限定マンションや猫付きマンション登場
岡本夏生の年齢サバ読み 「自ら積極的に提案した」と関係者

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP