ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

下平アナ 野球選手の姉さん女房では最高の女子アナ妻との評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ついにゴールインを果たしたテレ朝の下平さやかアナ。後進育成のために「下平会」を開催していた“男前”な彼女の素顔とは?

 * * *
 テレビ朝日の下平さやかアナウンサーが、かねてから交際中の読売ジャイアンツの長野久義外野手とついにゴールインし、ずっと二人を応援していた私も、ホッと胸を撫で下ろしている。

 下平アナにお祝いメールを送ったところ、「おかげさまで、どうにかなりました」「お会いできたら、いろいろ聞いてやってくださいね」と返信が来た。律儀な人である。

 ご存じのように、下平アナは、在京局の女子アナの中で、もっとも恋愛スキャンダルが多かった一人。それも、国民的アイドルグループのリーダー、超人気お笑い芸人、伝統芸能の人気若手…と、相手が全て有名人なので、その都度、週刊誌や写真誌に報じられていた。

 すごく覚えているのは、まだ下平アナが『ミュージックステーション』のアシスタントをしていたときに勃発した、国民的アイドルグループのリーダーとの熱愛報道のとき。女性スキャンダル御法度の相手方を考えれば、上司に叱られて当然と私は思っていたのだが、少なくとも現場の声は「下平、よくやった!」の大合唱だったのである。

 まだ「好きな女子アナランキング」でテレビ朝日の女子アナが一人もベストテンに入っていなかった時代。全国に名前を売った上、しかも相手は国民的アイドルグループ…ということで、現場は拍手喝采だったのだろう。

 その後、ウワサになった超人気お笑い芸人は、もともと女子アナ好き(!)ということもあったが、彼は、すったもんだの末、下平アナの後輩女子アナとゴールインする。それでも、同僚と共に爽やかに祝福してのけた下平アナには、なんて男前なんだろうと、今度は女性たちが拍手を贈ったのである。

 伝統芸能の若手と交際が報じられていたときは、同時に体調不良報道もあった。実際、あるパーティーで久々に会った下平アナは、一瞬、誰だかわからないぐらい激やせしており、心配したものだが、そのときも下平アナをエスコートしていたのは先輩(ベテラン)男子アナ。彼女が上司にも好かれているし、信用されているのだとわかった瞬間だった。

 いわゆる“女子アナ30才定年説”は、ライバル局のフジテレビから出たような話であり、テレビ朝日の場合は、女子アナの結婚率も出産率も高い。しかし、どんな局でもそうであるように、女子アナがずっとアナウンサー職でいられるかというと、答えはNOだ。ちなみに下平アナと同期で、ある意味、正反対のタイプであり、在京局の女子アナの中で、後にも先にも“最強の美人”と言われていた高橋真紀子アナは、結婚&出産後、ずいぶんアナウンサーとして頑張っていたが、ついに別の部署に異動。同じ頃、下平アナにも、そのような誘いがあったとも聞くが、彼女はアナウンサーの職を死守している。

 そんなテレビ朝日では、アナウンサー同士の結婚がとても多いことでも知られているが、最新の一組は野上慎平アナと八木麻紗子アナ夫妻である。実は、彼らの結婚披露宴の司会は、大先輩の下平アナだった。

 その頃、下平アナは“空き家”だったと記憶していたため、私は思わずスピーチで「今日、いちばんの衝撃は(独身の)下平さんが司会をしていることでした」と言ってしまった(笑い)。後で彼女の傍に言って立ち話をしたら、「私は全然気にしてません。かわいい後輩ですから。いいんですよ、これで」と堂々としたものだった。ちなみにフジテレビでは、アナウンサーの結婚披露宴の司会は同期の男女がつとめると決まっている。

 元カレと後輩アナの結婚だけでなく、後輩同士の結婚も先頭に立って祝い、動いてあげる下平アナ…。本当に素敵な女性だと思う。

 それだけではない。『やじうまワイド』の司会をしていたときの下平アナには、「下平会」という後輩や若手スタッフを指導することをメインにした昼間の飲み会があったと聞く。

 深夜2時頃からスタンバイし、朝8時にオンエアを終え、内勤を片付けて、勤務が終了した後、同僚とテレ朝本社近くの麻布十番商店街になだれ込み、下平アナが後輩たちに「アナウンサーとは」「報道の仕事とは」と教えてくれるのが「下平会」。

「下平先輩は、本当に仕事に対して厳しい人なので、キチンと、一生懸命に仕事をしている人しか認めてくれない。だから『下平会』に呼んでもらえたら一人前なんです」と後輩男子アナから聞いたことがある。

 男前で、仕事も完璧で、快活で、しかも美人でスタイル抜群の下平さやか先輩は、後輩たちには、もっとも目標とするアナウンサーの一人なのだろう。

“しっかり者”の女子アナとプロ野球選手の結婚が多いことは皆さんご存じのとおりだし、大成する選手の妻の大半は姉さん女房だ。近年、プロ野球選手と結婚した女子アナの中で、最高の妻が下平さやかアナで間違いないと私は思っている。

 そうそう、テレビ朝日の早河洋会長が先日の会見の最後に「ナイスピッチング」「ナイスバッティング」とコメントしたのは、「最後は明るい話で…」と下平さやかアナの結婚について質問をした某紙記者の気遣いからだったと聞く。『報道ステーション』の古館VS古賀騒動に終始した会見のラストを救った下平アナ…。またも、社内の評判をあげたことだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
下平さやか 東京ドーム入り浸り「長野と結婚」外堀埋める?
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
下平さやか 震災チャリティーに巨人・長野愛用の首輪を出品

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP