ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パッキャオに1RでKO負けした日本人 負けると思ってなかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 5階級制覇王者にして47戦47勝のフロイド・メイウェザー(38・米国)と、史上2人目の6階級制覇王者マニー・パッキャオ(36・フィリピン。戦績・64戦57勝5敗2分)のドリームマッチが、いよいよ5月2日に実現する。

 今でこそ世界的スーパースターとなったパッキャオだが、実はスターへの階段を駆け上がっていた頃に日本のリングに一度だけ上がっている。そこで対戦したのが元日本フライ級2位の寺尾新氏だ。

 当時パッキャオは母国・フィリピンよりもファイトマネーの高い日本での試合を希望していた。上位選手が断わるなかで、寺尾氏に対戦オファーが舞い込んできた。

「負けるなんてこれっぽっちも考えなかった。むしろ、勝てば世界ランクが視野に入る“おいしい試合”だと思いました。強い相手と試合したかったので、やる気満々でオファーに応じました」(寺尾氏)

 試合前日の計量でパッキャオと初対面。減量苦のためか、そろりと秤に乗るパッキャオの印象は「インチキなマジシャンみたいでオーラを感じなかった」という。

 ゴングが鳴ってからも、最初の1分間は寺尾氏が優勢だった。

「試合前半は足を使って動き回ったり、頭を振ったりして相手のパンチをかわして疲れさせ、後半に勝負に出る作戦でした。最初のパンチを当てたのは僕でしたし、パッキャオも少し焦っている感じでした。これはいけると思いました」(寺尾氏)

 しかし、開始1分34秒、パッキャオの強烈な左ストレートが寺尾氏の額に炸裂した。ファイター型の寺尾氏にとって、本来なら相手のパンチを額で受けて左フックなどで反撃するのは得意のパターンだった。しかし──。

「額で受けただけなのに、衝撃で首や膝が砕けるかと思いました。思わず動きが止まってしまうほどグラッときてしまった。その後は袋叩きです。全く立て直すことができませんでした」(寺尾氏)

 その一撃が惨劇の幕開けとなった。直後にダウンし、さらに2分4秒にパッキャオの左ストレートがヒットして2度目のダウン。寺尾氏は大の字になって背中から倒れる。そして1R終了のゴングが鳴る直前、壮絶なパンチの雨を浴びて倒れ込み、KO負けとなった。粗削りではあるが、現在のパッキャオを彷彿とさせる戦いぶりだった。寺尾氏が振り返る。

「踏み込みもパンチも何もかもが違いました。踏み込みは鋭く、絶対にパンチが届かないはずの2~3m離れた安全地帯にいたつもりでも、一瞬で間を詰められて目の前に現われる。あり得ないスピードですよ。

 そしてパンチが堅くて重い。まるで鉄パイプで殴られる感じでした。もっといえば交通事故で車にぶつかった衝撃。よく、パンチは根性で耐えろといいますが、交通事故は根性では耐えられない。パッキャオのパンチは、それほどまでに破壊力があったのです」

 寺尾氏は最初のダウンから立ち上がった直後、ロープ際に詰められて片膝を上げて防戦している。これはキックボクシングの防御法だ。失神こそしなかったが、意識が朦朧とした状態で“古巣”のクセが出てしまうほどに追い詰められていたのだ。

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
パッキャオと戦った日本人 殺されると思い二度と戦いたくない
メイウェザーvsパッキャオ 250億円マッチの展望を専門家語る
パッキャオ対メイウェザー戦 チケットの最高額は900万円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP