ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SIMフリースマホ販売100万台目標、渋谷に路面店OPEN-ゲオの戦略

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ゲオホールディングスとNTTコミュニケーションズ株式会社のモバイル事業提携について、発表会の詳細と、本日4月3日にオープンしたゲオ渋谷センター街店のもようをお届けします。
昨日お伝えした通り、ゲオがNTTコミュニケーションズとの提携のもと、「ゲオスマホ」として新たなサービスを開始しました。

提携サービスの付加されたゲオ用の「OCN モバイル ONE」、新規・中古スマホの割賦販売と保証強化、「OCN モバイル ONE」のMNPおよび音声SIMの即日受渡店舗の拡充、ゲオモバイルでのスマホ相談員の配置など、ゲオ独自の販売チャネル・サービスとNTTコミュニケーションズの持つブランド力・技術力がタッグを組んだサービスとなっています。

 ゲオホールディングスの代表取締役社長・遠藤結蔵氏は、「現状のサービスだけではなく、通信事業と合わせてサービスをしていく必要がある。NTTコミュニケーションズと方向性や考えが合致して、提携をお願いした」と経緯に触れました。

ゲオとしては、2002年に新品携帯販売を開始後、2009年に中古買取・販売、昨年の本格展開と通信系を進めてきた中、事業に伸びしろがあると感じていたため、新たな展開を始めたとのこと。

一方、NTTコミュニケーションズは、モバイル事業ではOCN モバイル ONEに力を入れていきたいと考えている中、ゲオの持つ販売チャネルに魅力を感じたとのこと。生活圏内にある、来店頻度の高い店舗は、モバイルを知らないお客さんに親しんでもらえる機会を増やせる可能性があると見込んでいます。

 

代表取締役副社長の庄司哲也氏は「変革の時にビジネスチャンスを広げられるゲオの革新力の速さ、理念に賛同した。両社のパートナーシップでマーケットのリーダーとなるよう努める」と意気込みを見せました。

続いて、同社取締役の大井貴氏が、MVNO市場の拡大について説明。総務省の予想を上回っている拡大率をはじめ、今年5月から開始されるSIMロック解除義務化での市場の変化、デバイスの多岐化や販売チャネルの変化で、現在30代を中心とした顧客層が、今後20代やシニア層に広がっていくと予測。そのうえで、「ゲオとの提携で、リアル店舗での販売やサポート強化により、そうしたマーケットへアプローチできる」と確信。

最後にゲオのモバイル運営部セネラルマネージャー・森田広史氏が、具体的な実績やサービスを紹介。ゲオでのSIM購入者の40%が中古端末とセットで購入していることをふまえての取り組み、ゲオの持つ顧客層のうち、若いデジタル世代や主婦層・シニア層にアプローチしていくため、常時在籍のスマホ相談員を配置することなどを発表。

 

中でも面白かったのが、トライアルとして行ったゲオアキバ店でのOCN モバイル ONE音声SIM即日渡しの実績値(MNP含む)。開始前の週は13枚しか売れなかったものが、開始後の週では70枚と、5倍以上の伸び率。トライアル20日間(2014年12月7日~26日)の合計は176枚。今年1月13日から販売を再開したところ、2月は326枚販売まで増加。

トライアルをふまえ、ゲオモバイルでは、MNP対応店舗を順次拡大。第一四半期中に福岡博多口店、大阪日本橋店、札幌狸小路4丁目店、名古屋大須新天地通店、渋谷センター街店で開始、夏までには10店舗に拡大するのが目下の目標。

2015年度の端末販売目標台数を100万に設定(2014年度実績は30万台)し、新品端末を10%、またSIMとの同時購入を20%目指すとのこと。

4月3日からオープンしたゲオモバイル 渋谷センター街店、は地上1階地下1階の2フロア構成。1階はSIMフリーの新品スマホや、関連アクセサリーの販売とカウンター、地下1階は、スマホをはじめガラケーなど1,000台に及ぶ中古端末が収められています。

 なんとこの店舗では、発表された「freetel priori2」「HUAWEI Ascend G620S」だけではなく、計9機種のSIMフリーの新品端末を取扱い。

「京セラ TORQUE」が30,024円、「HUAWEI Ascend P7」「HUAWEI Ascend G6」「HUAWEI Ascend M1」が32,184円、「ZTE BLADE VEC4G」が24,624円、「HUAWEI Ascend Mate7」が53,784円、「NEXUS 7」が42,984円、となっていました。いずれも分割購入できます。

これらラインナップは、現在のところ渋谷センター街店のみ。まずは実験的にこれらの端末を販売してみて、好評であれば他の店舗にも広げていく可能性があるとのこと。

なお、分割購入は、新品・中古問わず扱っている端末すべてが対象。ただし、毎月の金額が1,000円以下になると分割できないため、本体代金は最低でも12,000円(12回払いの場合)のものからになるそうです(ただし、2台まとめてなども可能)。

SIMカード自体は「ゲオ×OCN SIM」の3種類(別表)だけではなく、通常の「OCN モバイル ONE」のほか、プリペイドタイプのSIMカードも取り扱っています。スマホ相談員は9名在籍(渋谷センター街店)。中国語を話せるスタッフも。 

渋谷センター街店は、ゲオモバイルの戦略店舗という位置付け。渋谷に置いたのも、多様な年代層が訪れる街という点や、外国人の利用者も多い点を考慮したとのこと。

ゲオモバイルは現在50店舗展開されていますが、北海道を中心とした展開になっているのが現状。ただし、3年以内に、政令都市などの中核都市を中心に、100店舗に増やしていく予定です。

ゲオは創業30周年、NTTも電電公社より民営化されて30周年。ともに30周年企業同士の提携、まだまだこれからもサービス展開が期待できそうです。

表:ゲオ×OCN SIMで取り扱うSIMカードプラン

110MB、170MB

コース名

110MB/日

170MB/日

通信容量

110MB/日

170MB/日




データ通
信専用

972円

1,490円

SMS対応

1,102円

1,620円

音声対応

1,728円

2,246円

初期パッケ
ージ費用

3,240円
※分割購入の場合は無料

SIMカード
サイズ

標準SIM
micro SIM
nano SIM

 

 3GB~500kbps

コース名

3GB/月

5GB/月

500kbps

通信容量

3GB/月

5GB/月

15GB/月




データ通
信専用

1,188円

1,566円

1,944円

SMS対応

1,318円

1,696円

2,074円

音声対応

1,944円

2,322円

2,700円

初期パッケ
ージ費用

3,240円
※分割購入の場合は無料

SIMカード
サイズ

標準SIM
micro SIM
nano SIM

※価格はすべて税込です。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP