ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「人と同じはつまらない」と思う人におすすめの旅先での過ごし方

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅

こんにちは。TRiPORTライター、写真と旅でできている赤崎えいかです。
「ニューヨークへ行ってきたよ」「パリで観光してきたよ」などと友人に話しても「へー!」「よかったねー」と、サラッと話を流されることもしばしば。そう、他の国へ行くという行為自体は、珍しくもなく、憧れでもなくなりました。

ネットを見れば格安ツアーや格安チケットの情報が目に飛び込んできます。LCCの台頭により、週末を使って簡単に他の国へ行くことだって可能です。ネット上には、その国の観光スポット、街並、グルメなど…。説明文や画像、そして動画までも数えきれないほど溢れかえっており、まるでその国に行ったかのような気持ちになれることもあります。では、それ以上の情報を得るためにはどうしたらいいのでしょうか? 誰かに話したくなるような、驚かれるような旅にするにはどうしたらいいでしょうか?

つべこべ言わずに、まずは行ってみる

Photo credit: Yuki Inoue「人の温かさに触れた~台北Trip~

答えは簡単。「行く」。それだけです。
どんなことにも共通するかもしれませんが、自分で体験してみないことには、本当の価値はわかりません。本やメディアで得た情報は「自分のリアル」ではなく「誰かのリアル」です。「ネットでは○○と書いてあったけれど、実際に行ってみたら△△だった…」なんてことはよくあること。他人のリアルを自分のリアルのように思い込んでしまっていたら、これほど恥ずかしいことはありませんよね。

ガイドブックにはない情報を知る方法

「一本裏の小路には絶品スイーツのお店がある」「お土産を買うならあそこのお店が絶対にお買い得」「地元の人しか知らない遺跡がある」など…。ガイドブックには書かれていない情報を持っているのは現地に住んでいる人たちです。ホームステイをすると、現地で暮らしているかのように過ごせることに加えて、まだほとんどの日本人が知らないような情報を手に入れることもできます。

簡単なホームステイ

Photo credit: Eika Akasaki「airbnbでメキシコに暮らしてみた

ホームステイというと、なんだかハードルが高いように感じるかもしれませんが、「旅行に行きたいと思ったときに知っておくべきWebサービス5選」にも書いてあるように、今は簡単に現地でのホームステイを可能にする様々なサービスがあります。そのなかでも筆者がよく使用しているのは「Airbnb(エアビーアンドビー)」。一泊から長期まで、安心して現地の人の家に泊まることができます。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

■「海外版テラスハウス!気軽にシェアハウスを味わうには?
■「最高の一晩を!死ぬまでに一度は泊まってみたいユニークな家5選
■「ひとつ屋根の下、世界中の人と共同生活が楽しめる「Airbnb」を使うべき、3つの理由
■「ホテルの概念を覆すAirbnbを使って、異国の日常に浸ってみよう

ホームステイだからこそ

筆者はAirbnbを世界各国で利用していますが、どの国・どの家に泊まっても、ステイ先の人との心の距離が少しずつ近づいていく感動を味わうことができています。最初は自炊、そしてステイ先のおばあちゃんと一緒に食事をするようになり、日本食や現地の食事を交代に作って楽しんだり、親族のパーティーに参加させてもらったり、隣人がお茶に呼んでくれたり、同じステイ先に泊まっていた人と仲良くなったり…。多くの時間を共にすることで信頼関係を築き上げていくという経験は、普通のホテルに泊まっていたらできないことだったと思います。

人の家は落ち着かない?

Photo credit: Eika Akasaki「airbnbでメキシコに暮らしてみた

なかには、他の人の家だとお風呂上やトイレ、洗濯物など、気を使って疲れてしまう…なんて人もいるかもしれません。そんな人にオススメなのがAirbnbの「貸し切り」タイプ。丸ごと一軒借りてしまえば、友達だけで楽しんだり、気を使わずにひとりでまったりすることもできます。ちなみに筆者が貸し切りで泊まったときは、ここぞとばかりに洗濯を済ませ、夜は現地でできた友人を呼んでパーティーをして楽しみました。

人と同じはつまらない

ガイドブックを見ると、お決まりの観光地や定番のお店ばかり。実際に行ってみると日本人だらけでうんざりすることもありますよね。もちろん、そこへ行けばネットで見た景色や、安心・安定の食事を味わうことができるかもしれませんが、それよりも現地の人が教えてくれたお店のほうが、じつは何倍も安くておいしかった、自分の足で見つけた絶景のほうが圧倒的に感動が大きかったなんてこともあるでしょう。次の旅はホームステイで、人とは違う旅を味わってみませんか?

Have a nice trip!!

(ライター:赤崎えいか
Photo by: Eika Akasaki「airbnbでメキシコに暮らしてみた

■現在Compathy×Airbnbでキャンペーン開催中!詳しくはこちら
最大10万円の宿泊券をゲット!合計123名に当たるGWの「黄金旅」コンテスト開始!

■「海外版テラスハウス!気軽にシェアハウスを味わうには?
■「最高の一晩を!死ぬまでに一度は泊まってみたいユニークな家5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP