体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人と同じはつまらない」と思う人におすすめの旅先での過ごし方

Photo:Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅」

Photo credit: Ayumi Kato「2013~2014 ローマとウンブリア州の旅

こんにちは。TRiPORTライター、写真と旅でできている赤崎えいかです。
「ニューヨークへ行ってきたよ」「パリで観光してきたよ」などと友人に話しても「へー!」「よかったねー」と、サラッと話を流されることもしばしば。そう、他の国へ行くという行為自体は、珍しくもなく、憧れでもなくなりました。

ネットを見れば格安ツアーや格安チケットの情報が目に飛び込んできます。LCCの台頭により、週末を使って簡単に他の国へ行くことだって可能です。ネット上には、その国の観光スポット、街並、グルメなど…。説明文や画像、そして動画までも数えきれないほど溢れかえっており、まるでその国に行ったかのような気持ちになれることもあります。では、それ以上の情報を得るためにはどうしたらいいのでしょうか? 誰かに話したくなるような、驚かれるような旅にするにはどうしたらいいでしょうか?

つべこべ言わずに、まずは行ってみる

Photo:Yuki Inoue「人の温かさに触れた~台北Trip~」

Photo credit: Yuki Inoue「人の温かさに触れた~台北Trip~

答えは簡単。「行く」。それだけです。
どんなことにも共通するかもしれませんが、自分で体験してみないことには、本当の価値はわかりません。本やメディアで得た情報は「自分のリアル」ではなく「誰かのリアル」です。「ネットでは○○と書いてあったけれど、実際に行ってみたら△△だった…」なんてことはよくあること。他人のリアルを自分のリアルのように思い込んでしまっていたら、これほど恥ずかしいことはありませんよね。

ガイドブックにはない情報を知る方法

「一本裏の小路には絶品スイーツのお店がある」「お土産を買うならあそこのお店が絶対にお買い得」「地元の人しか知らない遺跡がある」など…。ガイドブックには書かれていない情報を持っているのは現地に住んでいる人たちです。ホームステイをすると、現地で暮らしているかのように過ごせることに加えて、まだほとんどの日本人が知らないような情報を手に入れることもできます。

簡単なホームステイ

Photo:Eika Akasaki「airbnbでメキシコに暮らしてみた」

Photo credit: Eika Akasaki「airbnbでメキシコに暮らしてみた

ホームステイというと、なんだかハードルが高いように感じるかもしれませんが、「旅行に行きたいと思ったときに知っておくべきWebサービス5選」にも書いてあるように、今は簡単に現地でのホームステイを可能にする様々なサービスがあります。そのなかでも筆者がよく使用しているのは「Airbnb(エアビーアンドビー)」。一泊から長期まで、安心して現地の人の家に泊まることができます。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

■「海外版テラスハウス!気軽にシェアハウスを味わうには?
■「最高の一晩を!死ぬまでに一度は泊まってみたいユニークな家5選
■「ひとつ屋根の下、世界中の人と共同生活が楽しめる「Airbnb」を使うべき、3つの理由
■「ホテルの概念を覆すAirbnbを使って、異国の日常に浸ってみよう

ホームステイだからこそ

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。