ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

未来感 is Here! ヴァーチャル空間でなんかコネコネしてる動画がポップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「Oculus 3D Augmented Design」/Arch2O.comより
男性がヴァーチャル空間3DCGの素材のようなものをこねて何かをつくっている動画が、海外のニュースメディア「Arch2O.com」のFacebookにアップロードされ30万回以上再生されるなど、話題を集めている。

Oculus 3D Augmented Design」と題されたこの動画では、VR(バーチャルリアリティ)に特化したヘッドマウントディスプレイ・Oculus Rift(オキュラス・リフト)と、入力にはRazerUSAが販売しているPCゲーム用モーションコントローラー・Hydra(ハイドラ)を使用している。

Oculus 3D Augmented Design

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3″; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

Oculus 3D Augmented Design

Oculus 3D Augmented DesignPosted by Arch2O.com on 2015年4月2日

昔のSF映画でみたことある感じのやつだ……!

動画の中では、AR(拡張現実)のコードのようなものが敷かれ、男性がVR用ヘッドセットを装着。仮想現実の3D空間でなにかを開発している。

Wiiなどに代表される家庭用ゲーム機でも浸透しているモーションコントローラーを、PCでも実現。さらにヘッドマウントディスプレイを用いてヘッドトラッキング(頭の動きにモーションが付いてくる機能)を使うことで、広い視野での開発が行える。

動画の中で男性は、粘土でもこねるかのように3DCGで何かをつくっている。まるで、ろくろを回すような手さばき!


最初は球体。まるで1個の細胞のようだ。一体なにを作るんすか……。


伸ばす! やってみたい……。


手前にも、うにょーんと伸ばす! なんかけしからん感じもする……。


ドレッド・マンが「セイハロー!」すごいんだけど、なにゆえ……。

これを3Dプリンターと併せれば、仮想現実からなんかも生み出せてしまうかもしれない! これは未来感ある……!

引用元

未来感 is Here! ヴァーチャル空間でなんかコネコネしてる動画がポップ

関連記事

おっぱ○を揉んでゲームを操作!? 超没乳型ウェアラブルデパイスが登場
謎のおっさんGIF画像生成サイト「Very Man」が本当にやばい
Twitter公式! 話題の動画配信アプリ「Periscope」を試したった

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。