ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋に! 友達作りに! 相手とすぐ仲良くなれる2つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もうすぐ4月。進学や就職など、新しい環境になる方も多いでしょう。出会いの多いこの時期、相手とすぐ仲良くなる方法があれば、知りたいと思いませんか?

NLP(Neuro-Linguistic Programming、神経言語プログラミング)というコミュニケーション術を分かりやすく紹介した本『今日から使えるNLP』によると、相手と仲良くなるためのキーワードは「共通点」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4816356770/[リンク]

1. 共通点を「探す」

相手との共通点が見つかると、一気に距離が縮まり、会話が盛り上がります。

A「私は名古屋出身です」
B「え、私もですよ!赤味噌が恋しいです(笑)」
A「あぁ、私も東京に出てきてから口にしてないなぁ、恋しい!」

A「あ、赤い服ですね。俺も。」
B「ほんとだ、かぶってますね(笑)」
A「赤好きなんですか?俺大好きなんで」
B「えー、私も赤好きです〜」

A「そろそろ桜の季節ですね〜」
B「そうですね、花見するんですか?」
A「はい、写真撮るのが好きなんで」
B「いいですね。俺も好きですよ。最近は梅を撮ってきました!」
A「いいですね、見せてくださいよ!」

会話の中で、相手との共通点を探しましょう。ときには相手に合わせるくらいでもOK。質問攻めになると嫌がられるので、自分のことも話すと良いですね。

2. 共通点を「つくる」

共通点を探しても見つからない場合は、共通点を作ればOK。相手の動作をさりげなく真似すると、相手は無意識に「似た人間だ」と感じ、居心地がよくなります。これを「ペーシング」といいます。

たとえば、相手が飲み物を飲むタイミングで同じように飲む。相手が腕組みをしたら、自分もしてみる。

慣れてきたら、相手の呼吸に自分の呼吸を合わせてみたり、相手の口癖を真似してみるのも良いですね。あくまで自然にしているうちに、相手と波長が合ってきて、仲良くなれますよ。

大事なことなのでもう一度言いますが、キーワードは「共通点」です。ちょっと意識するだけで、相手との関係がグッと良くなりますよ。

(執筆:ホラノコウスケ)
※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました

タウンワークマガジン
http://townwork.net/magazine/

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP