ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「dビデオ」リニューアル発表のイベントレポート、映画版「進撃の巨人」と連動したdTVオリジナル作品の制作発表も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモとエイベックスが昨日 2 日に定額制動画サービス「d ビデオ」のリニューアルを発表し、同日には都内の舞浜アンフィシアターにおいて、リニューアルサービスのお披露目イベント『d ビデオ MIKATA Conference 2015 映像のミカタを考える。』が開催されました。そのレポートです。d ビデオのリニューアル内容は既報の通りで、4 月 22 日にサービス名を「dTV」に刷新し、アプリもリニューアルするなど、生まれ変わったとも言えるほどの進化を遂げて再スタートします。このイベントのライブ配信をご覧になった方はご存知だと思いますが、実はこのイベントでは今夏に公開される実写版「進撃の巨人」と連動した dTV オリジナル作品の制作発表会も行われるという、(表向きは)サプライズも用意されていたんです。イベントがスタートすると、エイベックス通信放送の社長 千葉龍 氏と NTT ドコモの常務執行役員 中山俊樹 氏が登壇。d ビデオが新たな映像体験を提供する「dTV」に進化することを宣言し、新サービスにかける想いを語りました。次に、エイベックス通信放送の取締役 村本理恵子 氏とプロダクト責任者であるサービス企画推進部部長 山下智正 氏が登壇し、dTV における注目ポイントを紹介。リニューアルのポイントは、「ザッピング UI の採用」、「dTV ターミナルの発売」、「プレミアム作品の順次追加」です。「ザッピング UI」とは、dTV アプリの新 UI のことで、アプリを起動するとすぐに映像の再生が始まり、普通のテレビのように、気分次第でチャンネルを切り替えながら映像を選ぶことができるようになっています。dTV では普通のテレビのように 12 チャンネル(洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、キッズ、教養・バラエティ、BeeTV、音楽、ショートショート、新作レンタル)で提供されます。ここでサービス名が「d ビデオ」から「dTV」に変わったことに触れると、d の後の「ビデオ」が「TV」に変わったのは、リニューアルの中で誰もが慣れているテレビの視聴スタイルを再現することで、スマートフォンやタブレットでもリビングルームのテレビで視聴している感覚になれることを目指したことや、後述する「dTV ターミナル」によって、実際にテレビでもそこそこ満足に視聴できるようになったから。でも、「TV」になった決定的な理由は大人の事情が絡んでいるからだとか・・・。「dTV ターミナル」は dTV だけではなく、d アニメストアも大画面で楽しめる専用アダプタ。実はこれ、Android 4.2 を搭載しています。発売日は 4 月 22 日のリニューアル日で、現在は予約受付が行われます。「プレミアム作品」については、dTV オリジナルドラマの制作が行われることや、様々な新コンテンツが順次追加されていくことが発表されたのですが、それだけではなく、冒頭でも紹介した今夏公開される実写版「進撃の巨人」の連動作品の制作発表も行われました。しかも、制作発表の際には同作品の主要キャストとなる 石原さとみ さん(28)、桜庭ななみ さん(22)、渡部秀 さん(23)、武田梨奈 さん(23)、水崎綾女 さん(25)、平岡祐太 さん(30)が登場。あまりのサプライズにキャスト陣が登場すると会場では関係者だけではなく、会場のお客から一斉にフラッシュが炊かれ、会場全体が一瞬で華やかな雰囲気に包まれました。その後、キャスト陣から簡単に挨拶が行われ、白いワンピースに身を包んだ同作品で主演の 石原さとみ さんは「『進撃の巨人』 で初めて公の場で話すので、少し緊張している。作品を通じて長く“ハンジ” という役を演じることができたことに幸せそして愛おしさを感じています」とコメント。

同作品のオリジナルキャラクター “イズル” を演じた 平岡祐太 さんは、元々原作のファンという事もあり、「制作陣、そしてすべてのスタッフ陣が誇りを持って見て頂ける作品です」とコメント。

また、“サシャ” を演じた 桜庭ななみ さんはキャラクターを演じる上で何か意識したことはと聞かれると、「緊迫している状況の中でも芋を食べているなど、とにかくマイペースな “サシャ” ですが、やる時はやる性格」だと、サシャの魅力を紹介。

“ヒヤマ” を演じた 水崎綾女 さんは、「(磯山氏が)原作を超えて面白い作品になった、と言っていました」として、「世界中から人気を集める本作が色々なところで観て頂けることを願っています」とコメント。

映画版の方でも詳細が明かされていない “フクシ” 役を演じたは 渡部秀 さんは、「とにかく優しくて優等生だが、ぜひアクションに注目してほしい」とコメント。

”リル” を演じたアクション女優の 武田梨奈 さんは、「内ももとかがあざになるくらい本気で当てあうほどお互いに身を削りながら演じました」とコメント。

サービス概要サービス名:dTV(読み:ディーティービー)      スマホ・パソコン・テレビなど様々なデバイスで 12 チャンネル、約 12 万の映像作品を楽しめる映像配信サービス。名称変更日:2015 年 4 月 22 日(水)月額利用料:500 円(税抜) ※ 31 日間無料チャンネル数:12 チャンネル(洋画、邦画、アニメ、海外ドラマ、国内ドラマ、韓流・華流、キッズ、教養・バラエティ、BeeTV、音楽、ショートショート、新作レンタル)アクセス方法:http://dtv.jp/


(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Wikipedia」にWikiページのリンクを画像とテキストのカードスタイルで共有できるSNS向けの新機能が追加
Xperia T2 Ultra用のAndroid 5.0ファームウェア「「19.3.A.0.468」ビルドがPTCRBの認証を取得、アップデートは近く実施されるかも
TV SideViewがv2.11にアップデート、SmartWatch 3からブラビアのリモコン操作が可能に、放送開始前のアラーム送信にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。