体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コミケ新名物、新人声優・伊藤新の『コミケットスペシャル』ゴミ拾いに密着してみた

 毎年夏冬2回、そして5年に1回のスペシャルが開催される同人誌の祭典『コミックマーケット』。
その2013年の冬コミに彗星のごとく現れ、良いことをしたにも関わらず批判をうけた、伊藤新さんという方ご存じでしょうか?

【関連:新人声優・伊藤新さんのコミケ会場ゴミ拾いボランティア今回も!ネットで大反響】

伊藤新さん

 伊藤さんは、2013年の冬コミで、自主的にゴミ拾いボランティアを実施。その成果として、ゴミと一緒に写った写真をTwitterに投稿し報告したところ、あっという間に約2万もRTされ、まとめサイト各所で取り上げられるなど当時大きな注目を集めました。

 勿論多くの人に褒められ感謝されていましたが、一方では伊藤さんの職業が「声優・俳優」、そして無名だったということもあり、「売名行為」「良いことするなら黙ってやれ!!」などなど、何故か大バッシングも受けたのです。

 さてその伊藤さん、初回ほど騒がれはしなかったものの、実は2014年夏・冬ともにその後もコミケでのゴミ拾いを続けていました。

 3月28・29日に幕張メッセで開催される、『コミケットスペシャル6~OTAKUサミット2015~』でもゴミ拾いをすると聞きつけ、折角なので同行させてもらうことに。

■プロの参加者に伊藤新完敗

 記者が同行したのは28日。伊藤さんの指定で朝6時半の集合となりました。待ち合わせ場所に行ってみると、既にゴミ袋を持った青年が。(この日記者と伊藤さんは初対面でしたが、一発でわかりました。)

ゴミがないかあちこち見て回る伊藤さん

ゴミがないかあちこち見て回る伊藤さん

 一瞬声をかけようとしたところ、駅から幕張メッセに向かう人にゴミを渡される場面が目の前でありました。清掃員の制服を着ているわけではなかったのですが、誤解されても快くゴミを受け取り「ありがとうございます!」とお礼まで。

幕張メッセの掲示板

幕張メッセの掲示板

 この日開催されたのは、夏・冬開催の通常のコミケではなく、5年に1度しか開催されない『コミケットスペシャル』(通称、スペシャル)。
スペシャルに参加した事がない方のために、軽く空気感をお伝えすると、この5年に1回のイベントには、ベテラン参加者が多く集い、わりとまったり、通常よりも小規模に行われます。
そうしたこともあり、通常よりマナー率はグッと高く、コミケスタッフともにレベルの高い参加者が集うイベントという印象。あくまで記者個人の表現ですが、「プロの参加者」と尊敬を込めて呼んでいます。伊藤さんにも、スペシャルはこの日初めてと言うことなので、同じような事を説明しました。

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy