ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【マジかよ】誰もが知ってるスーパーマリオのトリビア9選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ファミコン」といえば、赤い服のおじさん「マリオ」は外せないだろう。もちろん、マリオに関するトリビアも存在する。マリオが主人公として登場するコンピューターゲームシリーズの累計販売本数は、代表的なアクションシリーズのみで全世界2億6000万本以上。

この記録はゲーム業界全体で見ても世界1位であり、他社が版権を有する物を含め、過去数十年間のゲーム産業で誕生したフランチャイズにおいてこの記録を上回るものは存在しないという。

・誰もが知ってるスーパーマリオのトリビア9選
1. 名前の由来
キャラクターが誕生した際、名前がつけられていなかった。しかし名前がないとわかりにくいということで、ジャンプマン、ミスター・ビデオ、ミスター・ビデオゲームなどの名前がゲームごとにつけられたが、最終的にマリオとなった。

2. キャラクター知名度
マリオはミッキーマウスよりも大人気! 1990年にMarketing Evaluations社が調査した結果によると、マリオはミッキーマウスとよりも認知度が高かったという。いつの間にかディズニーを超えていたとは……!

3. マリオ出演ゲーム総合計売上本数
マリオは200種類以上のゲームに出演しており、ギネスブックに載ってもおかしくないくらいの人気者。合計の売上本数では19億3100万本以上だという。世界一稼ぐゲームキャラクーかもしれない!?

4. クリボーは栗っぽいけど栗ではなく椎茸
クリボーという名称から栗を連想しがちだが、実はクリボーは栗ではなく椎茸(しいたけ)のモンスター。色も形も栗にそっくりなので、誰もが栗をイメージしていたはず。これを最初に見て「椎茸だ」と思った人はいないのではないだろうか?

5.『スーパーマリオブラザーズ』の音楽には歌詞が存在する!!
タイトルは『GOGOマリオ!!』で、歌手の谷山浩子さんが歌っている。このゲームがブームになった際、さまざまなアイドルがテレビでこの歌を歌っていたとのこと。

6.『スーパーマリオブラザーズ』にはオールナイトニッポン版がある
ラジオ番組『オールナイトニッポン』バージョンのスーパーマリオブラザーズ』が存在する。プレゼント企画として作られたもので、正式名称は『オールナイトニッポンスーパーマリオブラザーズ』。サンプラザ中野がパックンフラワーやクリボーになっていたり、キノピオがビートたけしや中島みゆきになっていたり、いろいろとカオス!!

7. マリオが帽子をかぶっている理由とは
ファミコンの描画能力はとても低く、高精細なキャラクターを描けなかった。限られた容量と制限でキャラクターをわかりやすく表現するために、防止、ヒゲ、オーバーオールなどの容姿になったのだ。

8. マリオの名前はマリオじゃなかった!!
マリオのデビュー作は『マリオブラザーズ』ではなく『ドンキーコング』。名前はジャンプマンで、マリオとは呼ばれていなかった。職業は大工さんという設定だったが、のちのち配管工に変更された(転職した!?)。

9. マリオ映画の主演
『スーパーマリオブラザーズ』の映画があったこと自体あまり知られていないが、劇中でクッパ大王を演じたのはデニス・ホッパー。親日家で夕張映画祭によく顔を出していた彼だが、まさかクッパまで演じていたとは……。

執筆: キャッツアイ
イラスト原画: まそ
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/03/mario-4/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP