ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【遂に明日】4月4日のお花見は『皆既月食』×『夜桜』のコラボに酔う!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年のお花見は例年とはひと味違う特別な夜!なぜかといえば、2015年の4月4日は日本全国で「皆既月食」を見ることができるチャンスだから!

国立天文台の発表によれば、12分間ほどの天体ショーを肉眼で観察できるよう。すでに桜の開花シーズンもピークにさしかかり、今週末の土曜日は、満開の夜桜を眺めながら「赤い月」を見る・・・。そんな貴重な時間を楽しめるかもしれません。

日本気象協会による予想では、東京での満開は4月4日。実際には例年より早い開花となっていますが、明日も充分美しい桜が見れそうな予感!

もちろん日本全国で「満開の夜桜と皆既月食」のコラボが楽しるため、みなさん明日のお花見は夜にも必ずチェックしておきましょう!

皆既月食が見える時間帯はこちら。

19時15.4分 部分食の始め
20時54.2分 皆既食の始め
21時00.2分 食の最大
21時06.4分 皆既食の終わり
22時45.1分 部分食の終わり

皆既月食ってそもそも
どう見えるの?

まん丸い月が突然欠け始め、やがて赤く輝きはじめます。そして再び丸い姿に戻っていく。短い間ですが、こういった変化がみれるのが「皆既月食」です。実際に目の当たりにすると、想像以上に感動するので、見たことのないかたにもおすすめ!

肉眼でも観察できるけど
お花見には双眼鏡持参で!

肉眼でも十分観察できる天文現象で、月の移りゆく様子は、ただ眺めているだけでも楽しいもの。でも、双眼鏡や望遠鏡を使うことで、地球の影が月面のクレーターや海を横切り移動していく様子や、月面の色や明るさの変化など、より鮮明に観察することができるそうです。

国立天文台によれば、双眼鏡を三脚に固定して、手ぶれの影響が無い状態で見るのがオススメとのこと。貴重なお花見の機会を見逃さないためにも、当日持っていくアイテムのひとつとして忘れないように!

見たいけど、外出できない!
そんな人にはネット鑑賞

どうしてもお花見には行けなそう・・・。そんなときは中継サイトが便利。YouTubeとニコニコ動画では、国立天文台による「皆既月食を観察しよう2015」キャンペーンとして、生放送が開催されるんです。

YouTubeライブはこちら

ニコニコ生放送はこちら

リアルタイムの映像を遠隔でみることできちゃいます!外出できない人にとってはとても便利ですよね。

今回のような貴重な「赤い月」と「夜桜」のコラボレーション、次回見ることができるのは2032年になるんだそう。この機会を見逃すのは、あまりにももったいない気がしませんか!?

Top Photo :Peter Enyeart
Reference:国立天文台 , 日本気象協会

関連記事リンク(外部サイト)

【4月東京公演決定】世界に誇るパフォーマー「レッキン」の光のダンスがヤバすぎる!
流れる水をデザイン!?15%の節水を可能にした、斬新な「水道」がオシャレすぎる
【NASA大公開!】人類がはじめて目にする、月面の裏側映像

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP