体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花見と花火の贅沢コラボ?「六本木ヒルズ 春まつり」

花見と花火の贅沢コラボ?「六本木ヒルズ 春まつり」
J-WAVE平日(月〜木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。
4月2日のオンエアでは、「六本木ヒルズ 春まつり 2015」を紹介しました。

六本木ヒルズで4月3日~5日まで開催される同イベント。毎年恒例のイベントとなっており、
今年で12回目を迎えます。今年は六本木ヒルズアリーナの会場内に、
桜の木の装飾が出現。人工芝が敷かれたり、和傘やベンチが設置
されるなどして“お花見会場”を演出します。

会場には、六本木ヒルズ内のレストランやカフェによる屋台が15店舗登場。
目玉は、グランドハイアット東京「旬房」の屋台で、柔らかで独特の風味を持つ
「近江牛の串焼き」(700円)や、ふき味噌でいただく芽キャベツやペコロス、
タケノコ、カブの「春野菜串焼き」 (400円)などを販売予定だとか。そのほか、
「人形町 田酔」の「長崎おでん」(1,000円)や、「六本木 鈴酒」の「世界のビール」
(各種400円)など、お花見に持ってこいのメニューばかり。

さらに、お隣の毛利庭園では、チームラボが手掛ける「クリスタル花火」を初めて水上で開催。
毛利庭園池上に直径約5メートル、高さ約8メートルのLEDで覆われた円柱のアート作品が出現し、
来場者が自分のスマートフォンで好きな花火を選んで、願いを込めながら投げ込むと、
光のクリスタルでできた立体の花火が打ち上がるそうです。

そのほか、ワークショップや体験型屋台、和太鼓や三味線の演奏、
武将隊のパフォーマンスなど盛りだくさんの内容となっています。
花見から花火まで疑似体験できてしまう六本木ヒルズの春まつり。
買い物やデートの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会