ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シラカバに寄生するキノコ「カバノアナタケはガンに効く!」はどこまで本当か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カバノアナタケはシラカバに寄生するキノコでして、抗酸化作用やβグルカンといった健康成分が多く、昔からロシアやヨーロッパでは薬として使われてきた食品。ガンに効くとの説も確かに存在しております。

なんですが、全米有数のガン専門病院である「メモリアル・スローン・ケタリングがんセンター」の見解によりますと、

カバノアナタケの安全性や効能を評価する臨床テストは行われていない。そのため、がん、心臓病、糖尿病などの治療や予防に役立つかはわからない。また、カバノアナタケの成分が、他の治療薬に対してどのような作用を起こすかもわからない(英文)。

とのこと。とにかく、いまのところは効果を示した研究は存在しないようでうす。

では、なんで「カバノアナタケはガンに効く!」って話になったかといえば、いくつかの抽出成分を使った実験(英文)で、腫瘍細胞の働きを抑制する作用がみられたから。ただし、いまのところはいずれも生体外&マウス実験しか行われていませんで、あくまでも「うっすらした希望はあるかも」ぐらいのレベルではあります。

ほかにも、抗酸化の効果がありそうだったり(英文)、抗炎症作用がありそうったり(英文)と、おもしろそうな研究はいくつかあるものの、やはりどれもヒトを使った臨床テストじゃないもので、あくまで「効くかもしれないけど、効かない可能性も大きい」といったところ。

とはいえ、フラボノイドやイノシトールなど、効果が認められた成分が入ってるのも確かなので、大きな期待をせずに飲むぶんにはアリかとは思います。値段がちょっとお高いので、個人的にはさほど購買意欲はわかない感じです。

執筆: Yu Suzuki http://yuchrszk.blogspot.jp
もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/03/kabanoanatake/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。