ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パッキャオ対メイウェザー戦 チケットの最高額は900万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 かつてボクシングといえばモハメド・アリ(73)やマイク・タイソン(48)が一時代を築いたヘビー級が一番人気だった。しかしスター不在となった今は人気が低迷し、かわってスピードとパワーを兼ね備えるウェルター級(66.6キロ以下)に注目が集まっている。そのトップに立つのがフロイド・メイウェザー(38・米国 47戦47勝)とマニー・パッキャオ(36・フィリピン 64戦57勝5敗2分)だ。

 決戦は5月2日(日本時間3日)、米ラスベガス。この一戦がいかに世界の注目を集めているかは、2人が稼ぎ出す金額を見ればよくわかる。

 米『フォーブス』誌が掲載した世界のスポーツ選手の長者番付(2014年)によれば、メイウェザーの昨年の年収は125億円。サッカーのクリスティアーノ・ロナウド(30)や、ゴルフのタイガー・ウッズ(39)らを抑えて世界一だ。パッキャオは50億円で11位だが、2012年の番付ではメイウェザーに次ぐ2位。つまり「地球上で最も稼ぐスポーツ選手」同士の対戦なのだ。

 今回の対戦のファイトマネーも桁外れで、メイウェザーが1億2000万ドル(約143億円)、パッキャオが8000万ドル(約95億円)。観戦チケットは最も高額なリングサイドで7万5000ドル(約900万円)の値がつくなどプラチナ化している。ボクシングライターの原功氏が語る。

「2009年からたびたびマッチメイクが取り沙汰されてきましたが、メイウェザー側が提示するドーピングの検査方法やファイトマネーの取り分などの条件に、パッキャオ側が抗議する形で流れていました。それがようやく実現にこぎつけた。

 2人ともピークを過ぎた感は否めませんが、ボクシング史上最高の試合であることは間違いない。神業的なディフェンスで全勝のメイウェザー、強烈な踏み込みで相手を打ち壊すパッキャオ、どちらが勝つのか興味は尽きません」

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
メイウェザーvsパッキャオ 250億円マッチの展望を専門家語る
パッキャオと戦った日本人 殺されると思い二度と戦いたくない
めざにゅ~細貝アナ キャラ弱いとの評価も歌下手認定で注目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP