ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鼻かみすぎてガサガサ。「キップパイロール」が怖いくらい効くみたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫


花粉症で鼻をかみすぎて痛いし、ガサガサ皮が剥けてメイクがのらなくて困っちゃう…。そんなとき、怖いくらい効く! とSNSやクチコミで評判なのが「キップパイロール」。
@コスメでもなんと、有名どころの「ユースキンA」や「オロナインH軟膏」をも凌ぐ、☆5.8の高評価をたたき出しているんです。
「キップパイロール」、私は初耳だったのですが歴史は古く、アメリカの病院や軍隊で救急薬として広く使われた塗り薬です。
日本では、知る人ぞ知る存在。ドラッグストアでも目につく場所には置かれていないので、生まれ育った家庭になければ、まったく見たことも聞いたこともない人が多いのでは?

みんな、どんな使い方をしているの?

知っている人にとってはおばあちゃんの時代から家庭に当たり前にあって、長く愛用されてきた常備薬なんですって。
本来は、軽いやけどや切り傷、擦り傷に塗るもの
しかし実際に使っている人たちの声を調べたところ、鼻のガサガサのほかに、顔の肌荒れやリップクリームが塗れないレベルの唇のヒビ割れや出血、つぶしたニキビなどにも塗っている人が多いんです。
若い女の子のあいだでも、いますぐなんとかしたい! という切羽詰った状況で、八面六臂の活躍をする頼もしい存在だとわかります。
とにかく、塗るとビックリするほどすぐに効く! という声が目立ちました。
鼻の皮剥けがたちどころに修復

顔に塗ってひと晩でタマゴ肌。舞台化粧の下地にも

レトロな缶がかわいい♡

用法によれば、ジュクジュクしたところにもカサカサしたところにも両方塗ってOKだそうで、日焼けによる炎症にも使えるとあるので、まさに万能薬。
花粉症の時期はもちろんのこと、これからのアウトドアシーズンにも大活躍しそうです。
woman image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
飲むだけで健康状態がわかる!? 韓国の不思議なお茶
甘いものを食べても大丈夫! 試してよかった「ニキビケア」3選
やめられない甘~い誘惑! 太らない夜デザートの選びかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP