ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注目のふるさと納税 気軽に・お得に楽しむポイント3か条

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近はやりのふるさと納税。活用したいと思いつつも、仕組みが分からず尻込みしてしまっている方も少なくないのでは? ふるさと納税を気軽に始められる方法をご紹介します。

 ふるさと納税は、応援したい都道府県、市区町村に寄付することで、所得税と住民税から控除を受けられる仕組みだ。寄付金額のうち2000円を超えた分は、還付や控除という形で戻ってくる。これまでは確定申告が必要だったが、4月からは一定の条件を満たせば、確定申告が不要になる見通し。

 現在、多くの自治体でお礼の特典を用意しており、実質2000円の負担で特産品をゲットできるお得なシステムなのだ! 寄付先は出身地や居住地ではなくてもいいので、じっくり調べて寄付先を選ぼう。

 家族の食事は、すべてお礼の特典でまかなう金森重樹さん(45才)。ふるさと納税達人に聞いた、お得に楽しむポイント3か条とは?

【1】初心者は水や米など、確実に消費できる生活必需品がおすすめ。
【2】1年間に数回寄付をしても、特典返礼回数が限られた自治体もある。回数制限に気をつけよう。
【3】税金を払っていない扶養家族の名で寄付しても還付金はない。つまり専業主婦なら、夫の名義で申し込みをしないとお得にはならないので要注意!

 さらに、今年4月からの法改正で、5件以下の寄付なら、会社員などの場合、条件により確定申告が不要になり、控除される寄付金額の上限が倍になる見通し。なお、事業者の場合、確定申告は引き続き必要。

 こんな動向もおさえつつ、早速初めてみては?

※女性セブン2015年4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ふるさと納税 出身ふるさとに限らず好きな自治体に寄附可能
得するふるさと納税 確定申告しないと「単なる寄付」になる
ふるさと納税 確定申告用書類の煩雑さや特産品の品切れに注意

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。