ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

企業がエイプリルフール続々参戦!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月1日のエイプリルフールは、ネット上でも例年“お祭り騒ぎ”となる。最近ではSNSの普及もあり、これに“乗っかる”企業も増えてきているようだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

盛大な“ウソ”の一端としてネタにされるのが「社名」だ。キリンビバレッジは、

「【午後の紅茶 株式会社設立】この度『午後の紅茶』は発売30年目を記念して『午後の紅茶 株式会社』を設立!社員は全員午後出社。世界一午後に寄り添った企業を目指します!」

と宣言。また、ニッセンと日産自動車の公式ツイッターアカウントは、

「【お知らせ】日産自動車様 @NissanJP と間違われることが多いため、社名を『ニッサン』に変更します。また、同じく社名変更したニッセン自動車様と車を共同開発します。」(ニッセン)
「【社名変更のお知らせ】 @nissen さんとお間違えになるお客さまが多いため、この度弊社の社名を『ニッセン自動車株式会社』に変更することといたしました」(日産自動車)

と共同でネタを提供した。

その他、自社製品をネタとして展開するメーカーも。

「もう誰にも花粉症で悩んでほしくないから。 #レッドブルが花粉に宣戦布告
1滴で花粉を成層圏まで飛ばす、レッドブルガード登場!」(Red Bull Japan)
「【本日発売】「わさ微風(びぃふぅ)」
わさびの効果を利用したリビングファン(扇風機)が登場!
体を冷やし過ぎない
わさびの爽やかな風と香り
抗菌作用が部屋中に届きます」(山芳製菓株式会社)
「#Audi 車内で、炊きたてご飯!?」(Audi Japan ※AudiA8に炊飯器搭載)

など、ユニークにバージョンアップしたものを投稿し、ツイッターユーザーたちを楽しませていた。

これらは、いずれも「#エイプリルフール」というハッシュタグがつけられており、“ネタ”であることがわかるようになっている。だが、なかには本気と思われてしまうものも。

たとえばNEET株式会社は、「当社役員の異動、及び、辞任に関するお知らせ」として、2月10日に開催した臨時株主総会の決定により、「当社取締役全員が同年4月1日付で辞任することとなりましたことをお知らせ致します」と発表した。ページの上部に「エイプリルフールはお楽しみいただけましたでしょうか?」と表示されているが、気が付かなかった人も多かったようで、ネット上で本気かウソかなどと話題になった。あまりの反響だったのか、翌2日、同社は「エイプリールフールのお詫び」を掲載している。

何がネタで、何が本気か。それを見極めるのも、ネット時代に必要な「目」なのかもしれない。
(R25編集部)

企業がエイプリルフール続々参戦!はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

2014年注目エイプリルフールサイト
企業の名前間違い「あるある」
個人でエイプリル・フールに挑戦!?
日産自動車とコラボ「痛印」が人気
会社を休むときのウソ、バレてる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。