ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『花子とアン』脚本家が書く『Dr.倫太郎』 堺雅人喜んでた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 毎週水曜日22時日本テレビ系ではじまる注目のドラマ『Dr.倫太郎』が、4月15日からいよいよスタートする。これは、『花子とアン』(NHK)の脚本家・中園ミホさんと堺雅人(41才)の初タッグ作品だ。堺が日本テレビで主演するのも初めて。

「堺さんに中園さんの脚本のドラマとお伝えしたら、とても喜んでいました。これまでの堺さんは『半沢直樹』(TBS系)にしろ『リーガルハイ』(フジテレビ系)にしろ、男臭い職業ものが多かった。今回は患者の心に寄り添う精神科医です。そうした役に興味を持ってくれたんだと思います」(プロデューサー・次屋尚さん)

 せりふには精神医療の専門用語が多い。次屋さんらスタッフは資料を集めて堺に渡そうとしたら、こんな言葉を言われたという。

「『自分で調べるので大丈夫です。必要があったらお願いするかもしれません』と言われて丁重に断られました。資料集めから自分でやりたいと言うのは、すごいプロ根性です」(次屋さん)

 中園さんが脚本を手がけた医療ドラマといえば、米倉涼子(39才)が凄腕外科医を演じる大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が有名だ。

 そのドラマでは「私、失敗しないので」という決めぜりふがあったが、今回もあるのだろうか。

「いくつか候補を作って話の中にちりばめていますよ。視聴者のかたが気に入ったら決めぜりふになっていくと思います。具体的な言葉は今は言いません。失敗しそうなので(笑い)」(次屋さん)

 堺演じる精神科医の決めぜりふが楽しみで仕方がない。

※女性セブン2015年4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
脚本家のギャラ 30分ドラマで19万円前後が最低レベル額
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
ドラマ『アンフェア』原作者 脚本を書かなかった理由を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP