ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲオ、NTT Comと提携してクーポン付きSIMカード「ゲオ x OCN SIM」を発売、“格安スマホ”サービス「ゲオスマホ」も開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲオが NTT コミュニケーションズと提携し、4 月 2 日より全国のゲオ店舗でクーポン付きの SIM カード「ゲオ x OCN SIM」を発売したほか、SIM ロックフリースマートフォンと SIM カードをセットで提供する「ゲオスマホ」を開始したと発表しました。「ゲオ x OCN SIM」は NTT Com 提供の「OCN モバイル ONE」をゲオ向けに提供した MVNO サービスで、データ通信専用 SIM、SMS 付きのデータ通信 SIM、音声通話対応 SIM が提供されます。この SIM カードの特徴は加入者にゲオでのレンタル(DVD / ブルーレイ)に利用できる 100 円割引クーポンを毎月配布する特典が付くところです。提供プランと月額利用料は次の通りです。SMS 付きはプラス 120 円、音声通話対応はプラス 700 円になります。110MB / 日プラン:900 円 / 月170MB / 日 :1,380 円 / 月3GB / 月:1,100 円 / 月5GB / 月:1,450 円 / 月500kbps:1,800 円 / 月「ゲオスマホ」は SIM カードとスマートフォンをセットで提供するサービスのことで、今回の「ゲオ x OCN SIM」の発売と同時に従来の中古端末に加えて、SIM ロックフリースマートフォン「freetel priori2」と「Huawei Ascend G620S」をラインアップに追加しています。ゲオスマホでは SIM カードとスマートフォンを購入する際、端末は新品だけではなく、中古を選択することもできます。今回の発表の目玉は上記の 2 点になりますが、ゲオは MNP の即日受渡店舗を 2015 年夏に現在の 1 店舗から 10 店舗に拡大するほか、割賦払いの対応を SIM カード + 端末に限定していたのを端末単体でも可能にするなどのサービス拡充も発表しています。Source : NTTコミュニケーションズ


(juggly.cn)記事関連リンク
Pantechは久々にスマートフォンを開発中? 4.6インチLollipopスマートフォン「Pantech P4」がGFX Benchに登場
Kirin 620プロセッサを搭載した「Huawei P8 Lite」のプレス画像と価格情報が流出
HTC、64bitオクタコアプロセッサを搭載した新型スマートフォン「HTC One M8s」を発表、HTC One(M8)の外観を流用したミッドレンジモデル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP