体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おしゃれとバックパックの融合を実現する旅のスタイルとはー旅作家とまこさん

写真以下とまこさん

写真以下とまこさん

TRiPORTライターのKANAです。

今回のインタビューは、おしゃれ×バックパッカーの「おしゃれパッカー」であるとまこさん。秘境ツアー添乗員を経て、現在は旅作家として様々な国を放浪しています。代表作は「離婚して、インド」。そんなとまこさんに、女子目線ならではの旅のスタイルついてお話をお伺いしました。

世界はこんなにも広い

-旅をしたいと思い始めたのはいつ頃からでしょうか?
小5のとき、新幹線でカムチャッカ半島に行く夢を見て以来、ずっと旅がしたいという想いがありました。学校では世界史や地図が大好きで、中学の卒業文集でも旅について書きました。高校生の頃、バイト代で地球儀を買ったこともありました。旅に出るまでは、世界は狭いと思っていましたが、実際に旅へ出たら「世界はこんな広いんだ!」とわかりました。

-秘境ツアー添乗員というのも珍しい仕事をやっているそうですね。あえて退社して旅に出たきっかけは何だったのでしょうか?

ツアーコンダクターになろうと思ったのは高校生のときでした。もともと私は学生時代から、組織の中で働くことは自分の性格には合わないと感じていたんです。そこで「ツアーコンダクターの国家資格をとればフリーランスでも働ける!」という思いでツアコンになりました。

初期はいろんな国の辺鄙なところへ仕事で行ける!というのが1番の喜びでしたが、だんだんと、「出会い」の喜びが勝っていきましたね。ツアーでは、普段関わらない年代や職業、個性たっぷりの方々の旅行をお手伝いをします。24時間×10日間前後、ひっきりなしのサービス業で最大限の満足を引き出すというのはどういうことか。自分を鍛える喜びです(笑)。様々な経験を積み上げることは、本当に大切ですね。

11090896_961579623855205_7773169627031658848_o

発見が旅の面白さ

-「やっぱり私は旅が好きだ!」と感じる瞬間はありますか?
写真を撮るとるために、カメラの角度やシーンを合わせているとき、そこで知らない人とのコミュニケーションが広がることもあります。まさにそのときですかね。観光地をまわることは、その歴史や由来を知っていくという知的欲求を満たす面白さがあると思います。 そういう旅も面白いけど…、私が好きなのは、”何かに頼る時間ではなく、自分がつくりあげる時間”。ふらふら散歩するだけでもいいの。「このシーン面白いな」って、心が動くこと、自分しか知らないことを見つけたときに、「旅が好き!」って思うのかもしれません。

-とまこさんは帰国後もまた旅に出ていますね。何度も繰り返してしまう、「旅の魅力」とは何でしょうか?
旅のなかで、何かに気づいてハっとする瞬間や、人との出会いでコミュニケーションが広がる感覚が「旅の魅力」だと思います。ただ私はこれを日々のなかでも味わっていたいんです。旅の魅力を特別なものと思いたくないし、特別ではない日常にも取り入れたいです。自分が一番ワクワクするものを常に表現していたいんです。

11071844_961579487188552_4771456388104884172_o

-とまこさんといえば、旅先でもおしゃれな格好をしている印象が強いのですが、旅中でもファッションにこだわる理由は何でしょうか?
自分が楽しいと思うことを減らす必要はないかな、と。ていうか、減らせないですね、好きなことは。海外に行くと、誰でも日本の代表として見られます。だからこそ、見た目も中身も常におしゃれにしていたいんです! 荷物が重くなったとしても、おしゃれに必要なものは減らしたくないですね。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。