ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

たっぷりのカキが詰まった「爆弾カキフライ定食」は行列必至の人気メニュー!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月31日放送の「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午後4時53分)「新・東京見聞録」のコーナーで「“行列の街”人形町に異変!? 驚き(得)グルメの激戦区に!」と題し、リポーターのアラン・ロワさんとサヘル・ローズさんが「三友」(東京都中央区)を訪れた。

 創業47年になる人気の和食店。40年以上も前から作り続けている「カキフライ定食(上)」は、同店の名物メニューとなっている。特徴は、一つのカキフライに5~6個のカキを集め巨大なカキフライにしていること。時期によっては、小ぶりなカキが10個以上入っていることもあるという。その大きさから「爆弾カキフライ」とも呼ばれている。

 運ばれたカキフライを見てサヘルさんは「こぶしと同じ。すっごく大きい」と驚嘆。一口では入らないほどのビックサイズのカキフライを食し「甘い! おいしい。みそみたいに濃厚」とコメントした。来店客からも「中身ギッシリ! いくつ入っているか分からないぐらい。全国に自慢できるカキ定食屋さん」との声が聞かれた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:三友(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:人形町・小伝馬町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:人形町・小伝馬町×居酒屋のお店一覧
お花見に持って行きたい! 老舗甘味処の桜の季節限定スイーツを堪能!
お花見にピッタリグルメ! 本格まき窯で焼いた「マルゲリータ」!

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP