ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野菜の保存の工夫 野菜室に練りわさび、米の保存にはカイロ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ春が到来。目にも鮮やかな春野菜が並ぶ時期になるが、暖かくなるにつれて実は野菜の保存に工夫が必要にもなる。そこで、消費生活アドバイザーの丸山晴美さん(41才)に、野菜の保存方法について聞いた。

「安価な粉練りわさびをペットボトルのフタなどに盛って、野菜室の隅に置くと野菜が長く持ちます」

 わさびの殺菌作用で雑菌が繁殖しにくいため、野菜が長持ちするという。また、農家の岡田誠三さんは、たけのこの保存方法を教えてくれた。

「たけのこを冷凍するとスカスカになってしまいますが、砂糖をまぶすだけで、たけのこの味を損なわないうえ、スカスカ感がありません」

〈冷凍の手順〉
【1】あく抜きしたたけのこは5mmぐらいの厚さに切り、料理が甘くなりすぎない程度の砂糖をパラパラとまぶし、よく混ぜる。

【2】1回分ずつビニール袋に入れ、冷凍庫へ。

 さらに、東京青果の加藤宏一さんは、じゃがいもの保存方法をこう語る。

「りんごやアボカドはじゃがいもの芽の生育を抑えてくれるエチレンガスを放出するので、いっしょに保管すると効果てきめん」

 たとえばりんごの場合、段ボールに入れた5~10個のじゃがいもに対して、1個が目安。風通しのいい冷暗所で保存を。

「長持ちさせる対策はなにもしていない!」という方も少なくないだろう米にも効果てきめんの保存方法があるという。

「米や玄米を入れた密閉袋に未使用の使い捨てカイロを入れると、カイロの中の鉄と空気中の酸素が結合し、密閉袋を酸欠状態に。コクゾウムシなどの虫がわきにくく、鮮度も保てます」(農業・今井虎太郎さん)

 目安は米30kgに対して使い捨てカイロ1個。半年ごとの交換が目安。また、乾燥させたドクダミも虫除け効果がある(農業・小林鉄男さん)とか。料理への活用の幅が広いきゅうりにも保存のコツがあるという。

「薄切りにして塩もみしたきゅうりをしっかり絞って冷凍。食べる時は完全に解凍するとくったりしてしまうので、半解凍ぐらいで食べるとシャキシャキとした食感でおいしいんです」(農業・塩木由里さん)

 酢の物、ポテトサラダなどを作るときに重宝しそう。

 なかなか使い切ることができないしょうが。こちらにも保存の秘訣があるという。

「しょうがはよく洗って、皮ごと一片ずつに切り、ラップを巻いて冷凍保存。すりおろす場合、解凍の必要はなく、そのまますりおろせばOK」(丸山さん)

 凍らせると細胞が破壊され皮が弱くなるので、生の状態よりしぼり汁が増える。

※女性セブン2015年4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
食材を長持ちさせる方法 コーヒーは冷凍し卵は丸い方を上に
保存工夫が必要な野菜 もやしは袋を開けて冷蔵室にそのまま
卵の保存方法 尖ったほうを下向きにすると長持ち、冷凍もOK

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP