ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都の家庭の味「おばんざい」30品を老舗店伝統の味で提供。旬な食材をヘルシーに召し上がれ。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京都センチュリーホテルが、2015年4月1日(水)より、京料理「嵐亭」にて、京の食文化を気軽に愉しめる「おばんざい」の提供を開始した。

古くから京都で家庭の味として親しまれてきたおばんざいを、料理長・岩元貴之が季節の食材・味にこだわり、一品一品丁寧に作り上げている。約30種類のおばんざいは季節ごとに内容を替えて提供される。

ランチタイムには、ご飯とお味噌汁のついたお得なセットメニューを1700円より梅・竹・桜と用意。「梅セット」(5品 1700円)では豊富なメニューの中から選んだお好みの5品にご飯とお味噌汁が付く。また、単品でも一皿350円より食べることができる。

ディナータイムでは単品350円より販売。お酒の肴として、きき酒師厳選の日本酒と共に愉しむのもおすすめだ。

4月の献立例としては、「琵琶湖産子持ちわかさぎ」や「鯛湯葉ひろうす」「牛すじ肉と大根味噌煮」など、素材そのものの旨みを引き立てる、春らしい優しい味わいを堪能できる。

観光客でも来店しやすいホテルの料理店で、本格的な京都の「おばんざい」を愉しんでみよう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。