ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモとエイベックス、「dビデオ」を4月22日に「dTV」にリニューアル、専用端末「dTVターミナル」も発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTT ドコモとエイベックス・デジタルは 4 月 2 日、月額 500 円 + 税の定額動画配信サービス「d ビデオ powerd by BeeTV」のリニューアルとともに、サービスのブランド名を「dTV」に刷新することを発表しました。ユーザーインタフェースの刷新を含むサービスのリニューアルは 4 月 22 日に行われる予定です。旧 d ビデオは、エイベックス・デジタルが運営しており、NTT ドコモが販売している動画配信サービスで、これまで、120,000 万作品もの動画コンテンツを月額たった 500 円のワンコインで視聴できる低価格ながらも充実したラインアップで提供されているのが売りです。リニューアルのポイントは、「ユーザーインタフェースの刷新」、「dTV ターミナルの提供に伴うテレビへの対応拡大」、「コンテンツの拡充」の 3 点。UI の刷新では、ついにモバイルアプリがリニューアルされます。新アプリでは UI にチャンネルバーが追加され、配信されている動画コンテンツをテレビ感覚で視聴できるようになるほか、画面を左右にフリックすることでコンテンツのジャンルを切り替えられるなど、これまでの大きな不満だったナビゲーション面が改善されます。また、アプリでは新たに予告編の自動再生機能が追加され、アプリの起動時に今後配信される映画やドラマなどの予告編映像が再生されるようになり、新作リリースの情報をタイムリーに確認できるようになります。このほか、アプリを起動するとトップ画面に「あなたにオススメ」チャンネルが表示され、再生履歴から自動的におすすめ動画を表示するレコメンド機能も追加されます。「dTV ターミナル」は 今回の dTV だけではなく、d アニメストアなどの他のドコモサービスのデジタルコンテンツも視聴できる小型端末で、4 月 22 日によりドコモショップなどを通じて発売されます。コンテンツの拡充について。dTV は d ビデオ時代から BeeTV や映画、テレビドラマ、音楽ライブの映像を視聴できるということで、コンテンツ力はかなり高いものだったのですが、それに加えて、今夏公開される実写版「進撃の巨人」と連動したオリジナル作品や Bee マンガ、「Z アイランド~関東極道炎上篇~」の映画連動作品、眠れぬ真珠などの新コンテンツが追加される予定です。Source : NTT ドコモ


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Moto G GPEにAndroid 5.1(LMY47M)を配信開始
NTTドコモ、dTVやdアニメストアの映像をテレビ画面で視聴できる小型Android端末「dTVターミナル」を発表
ASUS Japan、4月20日に新製品発表会を開催、ZenFone 2を発表か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP