体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TRUSTRICK、新曲「未来形Answer」MVはコミカルな内容!?

神田沙也加(Vo)とBilly(Gt)によるユニット、TRUSTRICKの5月5日発売の1st E.P.「未来形Answer E.P.」の表題曲となる、日本テレビほかアニメ『俺物語!!』オープニングテーマ「未来形Answer」のMVが、オフィシャルサイト(http://www.trustrick.jp/)、及びレーベル公式サイト(http://columbia.jp/trustrick/)にて公開された。

TRUSTRICK (okmusic UP's)

本作は、「FLYING FAFNIR」、「いつかの果て」に続いて北平誠治が監督を務めた。歌詞の内容にもある「Answer」を追い求めることを表現すべく、胸に大きく「A」という文字が書かれた全身タイツを身にまとった謎の覆面キャラクター「アンサーマン」を、TRUSTRICKの2人があらゆる街中で全速力で追いかけるという、「追いつきたいのに追いつけない」という歌詞とリンクしたコミカルな内容になっている。

撮影は、今年の3月上旬に都内と近郊にて、屋外ロケおよびスタジオで行なわれた。屋外ロケでは雨がぱらつく早朝の寒い中、原宿・六本木・渋谷・お台場で激走シーンを撮影。Billyと「アンサーマン」にかなりの差をつけられ遅れをとりながらも、負けじと必死に走る神田沙也加の姿がとても印象的なシーンとなっている。特に人通りが多い渋谷スクランブル交差点では、突如現れ横断歩道を疾走する神田沙也加とBillyに気づき、驚く人たちも。

また、スタジオでの演奏シーンでは、神田沙也加が今流行りの「ギタ女」ことギター女子にチャレンジ。実際にはギターの弾けない神田沙也加が、ギターを抱えたパフォーマンスに初挑戦した。最初は慣れない格好に戸惑い恥ずかしがっていたが、Billyからの細かな指導もあり、かっこよくキュートなパフォーマンスシーンに。撮影に向けて髪色、ギター、ピック、ギターストラップ全てをピンクに統一し、黄色のチェックのワンピースとあわせてとても春らしい鮮やかなシーンに仕上っている。

本MVのフルヴァージョンとメイキング映像については、5月5日発売の「未来形Answer E.P.」のType-Aに収録される。

なお、「未来形Answer E.P.」のビジュアル、全収録曲詳細も本日、オフィシャルサイト、及びレーベル公式サイトにて公開された。

アートワークは、前作「TRUST」に引き続いてquiaの松田剛が手掛けている。実際の水槽を撮影スタジオに持ち込み「?」「Q」(Question)、「!」「A」(Answer)、「T」「T」(TRUSTRICK)など楽曲タイトルやユニット名をモチーフにしたオブジェや、色とりどりのカラービーズを水中に浮かべ、その向こう側にメンバーが立つというアナログな手法(CG合成ではない)を用い、淡いながらもカラフルな、春めいたビジュアルに仕上がった。

ベールに包まれていた収録曲は、表題曲「未来形Answer」に加え、スタジオ録音の新曲「highness」、そしてまだ記憶に新しい、3月27日に東京恵比寿LIQUIDROOMで行われた『TRUSTRICK TRUST TOUR 2015』のツアーファイナル公演より「as one」「FLYING FAFNIR」のライヴテイク2曲、さらに「未来形Answer」のインストゥルメンタルヴァージョン、アニメオープニングヴァージョンの計6曲が収録されることが発表されている。

ちなみに今回TRUSTRICKがオープニングテーマを手掛ける、テレビアニメ『俺物語!!』はいよいよ来週、2015年4月8日(水)25:29~ 日本テレビほかにて放送開始となる。原作は、集英社 別冊マーガレットにて連載中。単行本全8巻の総発行部数350万部にのぼる人気作品。(作画:アルコ 原作:河原和音)

また、「未来形Answer E.P.」の発売を経て、今夏2か所で開催されるプレミアライヴ『TRUSTRICK PREMIUM LIVE SUMMER “Garnet”』、『“Iolite”』の先行受付も、4月5日(日)23:59まで実施されている。『“Garnet”』は6月19日(金)に渋谷TSUTAYA O-EASTで開催されるオールスタンディングライヴ。『“Iolite”』は、7月4日(土)に品川StellarBall(ステラボール)で開催される、TRUSTRICK初の全着席型のライヴになる。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。