体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カフェ激戦区のチェンマイで「日本を感じるカフェ」2選

タイの古都チェンマイといえば、お寺と象が有名な歴史ある街。しかしここ数年でそんなチェンマイに大きな変化が訪れています。それは、小さなカフェが激増していること。

一番の激戦区はニマンヘミン通り周辺とリバービューが人気のピン川エリアなのですが、筆者はそれらのエリアで、日本人であることがうれしくなるようなカフェをふたつ見つけました。

そこで個性派カフェがしのぎを削るチェンマイのカフェブーム最前線から、筆者が見つけた「日本が感じられるカフェ」をご紹介したいと思います!

●「日本語」が溢れるライブラリーカフェ「Librarista」

taviicom_20141104_cafe_asdfasdfas_1

チェンマイ大学のお膝元で、随一のおしゃれエリアであるニマンヘミン通りは、チェンマイで最もカフェが多い通りでもあります。その数たるや、冗談ではなく「3歩歩けばカフェにあたる」というくらい。それだけに、本格派から個性派まで様々な幅があるなかからお気に入りの一店を探す楽しみは格別です。そんなニマンヘミンのカフェのなかから筆者が紹介するのは、勉学に勤しむ学生たちに大人気の「Librarista」。このカフェの特徴は、店名の通り「図書室」があることと、そこかしこに「日本語」が溢れていることなのです。

お店のロゴに「ライブラリスタ」というカタカナ表記が入っているだけでなく、買った飲み物を持って入れる隣接の図書室には日本語の注意書きが。トイレにいけば歌舞伎を思わせる暖簾があったり、村上春樹や東野圭吾の小説は日本語版がひととおり揃っていたり。かなりの日本っぷりです。

というのもこちらのオーナーは早稲田大学に留学していた経験があるそうで、日本語が相当堪能なのだとか。和を思わせる座卓コーナーもステキ、なのですが、図書室なのでおしゃべりができないところが玉に瑕でしょうか?

taviicom_20141104_cafe_asdfasdfas_2 taviicom_20141104_cafe_asdfasdfas_3 taviicom_20141104_cafe_asdfasdfas_4

Librarista
Nimmanheamin Soi, 5 Chiang mai, Thailand
https://www.facebook.com/cnxlibrarista (FB公式ページ)

●日本のクールな音楽に出会う「The Meeting Room Art Cafe」

taviicom_20141104_cafe_asdfasdfas_5

旧市街から見てピン川の対岸を走るチャルンラート通り周辺は、古都チェンマイの面影を残すチークの商館や寺院が残る雰囲気のよいエリアです。リバービューが望めることからカフェやレストランも多く、チェンマイっ子や外国人観光客に評判の新しいカフェも出てきています。そのなかでも筆者の一押しは、日本の古民家のような面影の「The Meeting Room Art Cafe」。

こちらのお店の特徴は、とにかくカッコイイこと! ニューヨークでミュージシャンとして活動されていたオーナーのジョーさんが、ローカルアーティストやミュージシャンたちの活動の場となるスペースとして作ったカフェなのです。様々な作品の展示販売だけでなく、併設されているギャラリーでは個展が開かれていて、壁一面の本棚にあるジョーさんの書籍も興味深く、ついつい長居してしまいそうです。

1 2次のページ
GOTRIP!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。