ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何年ぶりになるでしょうか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 現在、民法の改正についての議論が起こっています。

 仮に民法改正が実現すれば、何年ぶりの改正となるでしょうか(口語への表記変更や、個別条文の加除などを除く大幅な改正の場合)?

(1)50年ぶり
(2)120年ぶり

A.

正解(2)120年ぶり

 民法が改正されるとなると、なんと実に120年ぶりの改正となります。

 契約にまつわる法制度、約款の取り扱い、法定利率などが時代にマッチしていない点が多々あり、これらを長い議論のすえに変えようとしているのが今回の大改正です。

元記事

何年ぶりになるでしょうか?

関連情報

決議事項 ~利益相反取引の承認4~(議事録から見る会社法)
誤配をめぐる法律問題(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
保険金請求の時効について(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP