ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オーストリアはザッハトルテだけじゃない!意外なアレの発祥地

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行

TRiPORTライターの林です。
音楽の都、芸術の街というイメージが強いオーストリア。「今度オーストリアへ行く」と、友人などに話すとよく「あたたかそうだね」「コアラに会えるなんて、いいな!」と言われてしまうほど「オーストラリア」に間違えられやすい国としても知られています。

「オーストリアにはコアラはいません」と書いてあるユニークなTシャツも売っているオーストリア。調べてみると、意外なものの発祥地だったりするものです。みなさんはいくつ知っていますか?

1.Sachertorte(ザッハトルテ)

「オーストリアといえば?」と聞かれると、その名が出てくるほど有名なザッハトルテ。チョコレートケーキの一種ですが、ただのチョコ味のケーキというわけではありません。生地はチョコレート味のスポンジになっていますが、そこに杏子ジャムが塗られており、さらにチョコレートのコーティングがされています。ケーキと一緒に生クリームが添えてあるものが一般的です。

とても濃厚な味わいのザッハトルテは、フランツ・ザッハーという料理人の名前が由来になっているそう。彼が貴族たちのために考案したこのケーキはたちまち有名となり、次男は「ホテル・ザッハー」というホテルを開業。ホテル・ザッハーは現在もウィーンの中心部に実在し、そこのザッハトルテは名物として有名です。ウィーン国立歌劇場(オペラ座)のすぐ近くにあり、アクセスも良好。ウィーンを旅する際には、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

2.Red Bull(レッドブル)

意外にもレッドブルの発祥はオーストリア。モーツァルト生誕の地として知られるザルツブルクという都市に、現在も本社を構えています。レッドブルの開発には、じつは「リポビタンD」の存在が大きく関係しているのです。創業者の一人であるディートリッヒ・マテシッツが雑誌「Newsweek」を見たとき、たまたま載っていた高額納税者リストの中に、大正製薬の経営者の名前がありました。そのとき彼は、栄養ドリンク剤の市場チャンスに気が付いたと言われています。オーストリアでは、様々な場所でレッドブルを見かけることができ、王宮内のミュージアムショップにもずらりと並んでいます。

3.SWAROVSKI(スワロフスキー)

Photo Credit: Mike Mozart via Flickr cc

スワンのマークで有名なクリスタルガラスのブランド「Swarovski」。ブランド名は創業者のダニエル・スワロフスキーの名前に由来しています。独自の加工・製造技術で作り出された製品はアクセサリーとしても大人気となっています。

本店はチロル州・インスブルックにあり、工場やミュージアムも隣接しています。とはいえ、主要観光ポイントであるウィーンからインスブルックまでは電車で4時間以上かかり、なかなか足を運ぶのは難しいかと思います。もちろんウィーンの繁華街にも店舗はあり、外観もきらびやか。価格も日本に比べて安めになっています。参考までにですが、筆者が以前グアムで購入したものと同じタイプのブレスレットを探してみたところ、2〜3割程度お得でした…。

4.PEZ(ペッツ)

キャラクターの顔がケースになっているキャンディであるPEZ。「幼い頃によく食べていた」なんて声も聞こえてくるような気がしますが、今から90年近くも前の1927年にオーストリアで誕生しています。

名前の由来はドイツ語のPfefferminz(ペパーミント)の略からきており、その名の通り発売初期はペパーミント味のみでした。なぜなら、もともとPEZはお菓子としてではなく、禁煙グッズとして販売されていたからです。顔がついている部分以外、つまり胴体だけを見ると、何かの形に似ていませんか? そう、ケースの胴体部分はライターをモチーフにしていたのです。

5.「Stille Nacht(きよしこの夜)」

Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)

日本でも有名なこの歌は、なんとオーストリアで生まれたものだったのです! 1818年12月24日夜(25日という説もあり)にオーストリアにある聖ニコラウス教会で初めて演奏されたと言われています。

この歌にまつわる逸話として、次のような有名なものがあります。

クリスマスイブの前日に教会のオルガンが壊れ、賛美歌の伴奏ができなくなってしまった。そこでこの教会で司祭を務めていたヨーゼフ・モールは急遽「Stille Nacht」の詞を書き、同じく当教会のオルガン奏者で教師のフランツ・クサーヴァ・グルーバーに、この詞に合わせてギターで伴奏できる讃美歌の作曲を依頼。グルーバーは一晩をかけてこの曲を作りあげたが、完成したのはミサが始まる数時間前のことだった。
しかし、近年の研究では、ヨーゼフは演奏当日より随分前に詞を完成させていたのではないかという説が有力になっているそうです。グルーバーが短い時間で作曲したという話はそのまま真実でないかという説が濃厚だそう。

Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest

さいごに

あなたはいくつ知っていましたか? 個人的にはレッドブルやPEZなどは、何となくアメリカが発祥地だというイメージがあり、ザッハトルテ以外は調べていくなかで知りました。

知識をたくさん詰め込む必要はないかもしれませんが、旅行などで訪れる予定の土地について、少し掘り下げて様々なことを調べてみると、ガイドブックには載っていない魅力を知ることができるはずです。

それではみなさん、Bon voyage!

(ライター:林 綾子)
Photo by: Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest

オーストリアの旅行記

*Takafumi Sato「クロアチア・オーストリア旅行
*Yuki Ishiwatari「ウェルフェン、ウィーン(オーストリア)
*Ai Kobayashi「Reise nach Wien, Prag und Budapest

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP