ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガジェット通信に「記事を書く」というボタンがつきました(ガジェ通日誌: 深水英一郎)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ガジェット通信に「記事を書く」というボタンがつきました。

場所は、さりげなさすぎてわからんかもですが、ガジェ通のサイトの右上…

ここです。なんとも控えめなボタンです。

執筆者になるためのボタン

ほとんどの人がご存知ないと思いますが、ガジェ通には「執筆プラットフォーム」としての機能もあるのです。実はなんと、執筆機能の登録者は既に2000名以上います。これ、ご存知なかった方も多いかもしれません。実はこの機能はあまり積極的に出しておらず、知る人ぞ知るものだったのです。

実際、この「記事を書く」ボタンは、スマホ用のページだと表示されなくなってます。そのうち表示したいのですが、あまり執筆機能にユーザーさんが集まってもまずいので、今のところそのような形をとらせてもらってます。

ここで執筆者として登録すると、ガジェ通の執筆プラットフォームを利用でき、わりと人力な編集部のチェックを経た後ガジェ通に掲載されます。

執筆された原稿は、すべて「わりと人力な編集部チェック」を通るため、総ての記事が掲載されるわけではありません。

ですが、ネットで何か書いてみたいという人はいっぺんチャレンジしてみてほしいなと思います。

この文章をたまたま読んでしまったあなた。待ってます。

ガジェット通信で「記事を書く」
http://getnews.jp/anews

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル・東京産業新聞社社長。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP