ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、すべてのAndroidアプリをChrome OSに移植可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は昨年 9 月に Android アプリを Chrome OS に移植できるツール群「App Runtime for Chrome(ARC)」の提供を発表し、同時期より ARC を利用して作成された Chrome OS 向け Android アプリが順次リリースされてきましたが、複数の海外メディアが報じたところによると、1 日から全ての Android アプリが ARC を利用して Chrome OS 向けに移植可能になっているそうです。Chrome OS 向けの Android アプリとしては、これまでに Evernote や Vine などのごく一部しか提供されていませんが、ARC の利用が全ユーザーに開放されたらしく、今後は様々な Android アプリが Chrome ウェブストア上でリリースされ、Chrome OS 端末と Android 端末の溝が埋まっていくものと予想されます。実際に、Videolabs は ARC を利用して移植した VLC アプリを近日中にリリースする予定だと PC Workd が報じています。ただ、ARC は現在でもなおベータ版として提供されており、また、Google Play 開発者サービスもサポートしていないので、本当の意味ですべての Android アプリが移植されるのはまだ先の話になると思います。Source : The VergePC World


(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、HDディスプレイや64bitプロセッサを搭載した「Galaxy J7(SM-J700F)」を開発中
Sony Mobileの新型スマートフォン「PM-0780-BV」と「PM-0785-BV」がFCCの認証を取得
1台のスマートフォンで最大5つの電話番号を取得できるAndroidアプリ「Flyp」が米国でリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP