体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

司法試験を目指す社会人 勉強のポイント

司法試験を目指す社会人 勉強のポイント

 かつてほどではないにせよ、司法試験といえば「資格試験の王様」ともいえる難関試験であり、合格すれば人生が一変するだけの力がまだまだあります。
 それだけに、この試験にパスしようと勉強を重ねる人は、学生・社会人にかかわらず多くいます。そんな中、存在感を増しているのが「予備試験」です。

 「予備試験」とは大学受験における「大検」と似た制度で、この試験に合格できれば、法科大学院を卒業しなくても司法試験の受験資格を得ることができます。法科大学院に行く時間もお金もないという社会人や、とにかく早く司法試験をパスしたいと考える学生には便利な制度です。
 ただ、もちろん予備試験は超難関。2014年の合格率は3.44%と非常に狭き門となっているのですが、なかには「一発合格」する猛者も……。
 この試験にパスするポイントはどんな所にあるのか。急成長を続ける資格取得のオンラインスクールとして注目される「資格スクエア」の人気講師であり、『司法試験予備試験一発突破ナビ』(中央経済社/刊)著者の吉野勲さんにお聞きしました。

―『司法試験予備試験一発突破ナビ』についてお話を伺えればと思います。司法試験の予備試験はまだ始まってから日が浅く、対策本の類もまだ十分に出そろっていない感があります。その意味で、この本はとても貴重だと思うのですが、吉野さんがこの本で一番に伝えたかったことはどんなことですか?

吉野:伝えたいことは二つあって、一つは「挑戦してほしい」ということです。司法試験の受験生の数は昔と比べると減ってきていて、一部で「法曹離れ」ということも言われていますけども、まだまだ司法試験合格というのは自分の人生を変える大きな武器になると思うので。
それと、司法試験の予備試験は、勉強法のところで「やっていいこと」と「やってはいけないこと」がまだうまく伝わっていないと感じていて、それをこの本でまとめて伝えたかったというのもありますね。

―予備試験の制度ができて今年で5年目ですが、この試験をパスするための指導法はどの程度確立されてきているのでしょうか。

吉野:予備試験の内容は、2011年まで行われていた旧司法試験の延長線上にあるので、指導方法も旧司法試験向けのものとさして違うわけではないんです。そういう意味では「指導の仕方がわからない」という問題はないと思っています。ただ、まだ予備試験自体が十分に認知されていないんですよ。

―たしかに、「司法試験を受けるならまずは法科大学院に行って…」というのが今は一般的ですね。

吉野:そちらのほうが優勢ですね。「予備試験」というネーミングからして、「何の“予備”なのかよくわからない」という人も多いようです。

―しかし、実際はかなり便利な制度ですよね。法科大学院に行かなくても、予備試験に合格すれば司法試験の受験資格が得られるわけですから。

吉野:そうですね。コスト的にもかなり安く済むはずです。法科大学院に行くと既修と未修の二つコースがあるのですが、司法試験の合格率が高いのは上位の既修者です。
じゃあ既修者のコースに入ろうということで、予備校に行ってそのための講座をとりますよね。それで法科大学院の既修者コースに行けても、今度は2年間なり3年間の授業料がかかります。
予備試験にパスするならばこの「授業料」の部分が丸ごとなくなるわけですから、金額的には大きな差です。おそらく400〜500万円くらいは違うはずです。

―吉野さんが今教えている「資格スクエア」は、位置づけとしては「予備校」ですが、オンラインなので通常の講義式の予備校よりはかなり安いと聞きました。

吉野:そう思います。予備校の値段が今はかなり高くなってしまっていて、それが司法試験挑戦の参入障壁になってしまっているところがあるんですよ。「ああ、こんなに高いならやめておこう」となってしまって、挑戦してみようという気になかなかならない。それは良くないなとずっと思っていたので、「価格破壊」ではないですが、「資格スクエア」では値段を安くすることで、みなさんに挑戦していただきたいと思っています。

―司法試験を目指す方の中には、社会人として働きながら予備試験を目指す方も多くいます。勉強できる時間が限られた中で合格するために、どんなことが大事になりますか?

吉野:勉強は結局、「量」と「質」です。一般的に資格試験を受ける人は真面目な人が多いので、「量」はきちんとこなすんですよ。その反面、「質」に問題がある人が非常に多い。
0は何倍にしても0なのと同じで、勉強のやり方を間違えると何十時間勉強しようが力はつきません。そして、司法試験というのはその勉強法の間違いを犯しやすい試験です。
「方向性を間違えずに正しい勉強法をやりきる」には、ある種の「要領のよさ」が必要ですが、社会人の方に関していえば、すでにそれは持っていることが多い。じゃあ、あとはどうやって勉強時間を確保するかということになるわけですが、学生と比べて絶対的な時間数がない分、彼らほど短期間で合格する必要もないわけですからね。学生が1年、2年で合格するところを5年かけたって、すでに仕事がある分そこまで困ることはないわけで。学生と比べるのではなく、あくまで「自分にとっての最短合格」を目指していけばいいと思います。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。