ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃グルメ】次世代の革命的ビール系飲料が誕生! ローソンの果汁50%発泡酒が激しくウマイ件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ついに革命的なビール系飲料が誕生した。なんと! 果汁50%の発泡酒が誕生したのである。これは北海道麦酒醸造が「手摘みしたチェリーとベリー」を使用して醸造したもので、今までのビール系飲料の常識を覆す画期的なお酒なのだ!

それもそのはず、従来のフルーツビールの平均的な果汁濃度は10%前後が常識なので、今回の果汁50%は、常識を覆す非常に濃厚な発泡酒といえる。

・絶妙なバランスから生まれた希少な味
この発泡酒の名は『フルーツブルーイング チェリー&ベリー』。本来、果汁を贅沢に使用しただけでは、美味しいビールや発泡酒を作ることはできない。麦芽の比率はもちろんのこと、材料のバランスや「構成されている成分」によって大きく味が変化するからだ。

しかしこの『フルーツブルーイング チェリー&ベリー』は違った。一足先に試飲してみたが、果汁の濃さを生かしつつ、ビール系飲料のスッキリとした美味しさを残した風味に仕上がっている。

・希少な美味しさがそこにある
グラスに注げば、まるで赤ワインのようにディープな真紅の姿を現す。しかしその味は、赤ワインでもなければジュースでもない。「果汁50%を使用したフルーツブルーイング」だけで体験できる、希少な美味しさがそこにある。

ローソンやナチュラルローソンでは、この『フルーツブルーイング チェリー&ベリー』4月28日から販売するという。価格は288円なので、果汁50%ながら低価格なのも嬉しいかぎり。

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/04/01/fruit-brewing/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP