ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳥羽一郎の息子・木村竜蔵 堂島孝平/奥野真哉/木暮晋也/AZUMA HITOMI招聘した“80’sサウンド”アルバム発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジロックに初の演歌歌手として出演した父・鳥羽一郎とステージで共演し、TBS系『さんまのスーパーからくりTVSP 第12回芸能人かえうた王決定戦』では審査員からその歌唱力を絶賛された新世代シンガーソングライター 木村竜蔵。6月3日に自身初となるフルアルバム『碧の時代』(読み:あおのじだい)をリリースする。

 2012年のメジャーデビュー以降、2作のミニアルバムと1枚のシングルをリリースしてきた木村竜蔵。これまでも細海魚(HEATWAVE)、藤井一彦(THE GROOVERS)、隅倉弘至(初恋の嵐)等と作品づくりを行ってきた木村だが、本作ではサウンドプロデューサーとして、堂島孝平、奥野真哉(SOUL FLOWER UNION)、木暮晋也(HICKSVILLE)、AZUMA HITOMIといった4人の個性的な実力派アーティストを迎え、いわば世界的な潮流となっている“80’sサウンド”をキーワードに制作した。

 鳥羽一郎の長男として幼い頃から音楽に親しんできた木村竜蔵。独自の和テイストを含んだ叙情性の高い歌詞と伸びやかなメロディー作りにはデビュー時から定評があり、本作で“80’s”のアレンジとサウンドを大胆に取り入れることによって、最大の魅力であるメロディーによりポップさと強さが増し、楽曲の世界観を大きく増幅させることに成功している。

 また、アルバムのもうひとつのテーマとして、全国各地の情景をモチーフとした“紀行ソング”にも挑戦している。地名を直接歌い込んだ、いわゆる“ご当地ソング”とは違うアプローチで、自らがその土地に訪れた時の空気感や出来事を歌詞に織り込んでいる。既に昨年秋からは群馬県の富岡製糸場のイメージソング「紡ぐ」が、群馬テレビ『ニュースeye8』のエンディングテーマとしてオンエアされ話題となっているが、他の曲も各地で反響を呼ぶことになりそうだ。

◎アルバム『碧の時代』(読み:あおのじだい)
2015/06/03 RELEASE
CRCP-40413 2,778円+税
収録曲:
「紡ぐ」(AZUMA HITOMI)*群馬・富岡製糸場
「海の淵」(AZUMA HITOMI)
「約束の鐘」(奥野真哉)
「落蕾~ラクライ~」(奥野真哉)
「太陽の戯れ」(奥野真哉)*千葉・守谷海岸
「うたかた」(奥野真哉)
「迎えにゆくよ」(堂島孝平)*三重・鳥羽駅
「新しい風」(堂島孝平)*栃木・那須高原
「夏の夢、君は幻」(堂島孝平)*長野・諏訪湖
「君に出会える街」(木暮晋也)*愛媛・松山市
「涙の花」(木暮晋也)
「アクアリウム」(木暮晋也)*神奈川・八景島
全12曲、曲順未定
()内はサウンド・プロデューサーの名前
*印の地名はモチーフとなった土地の名前

◎ツアー【『紡ぐ』会場販売ツアー “あなたの声が聞こえる”】
04月03日(金) HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
出演:木村竜蔵、akisame(ストレンジドラマ白濱+THE REMENBER ME 中村僚)、他
OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(ドリンク代別)
チケット:店頭、e+
問い合わせ:HEAVEN’S ROCK Utsunomiya 028-639-0111

04月10日(金) 高崎 club FLEEZ
出演:木村竜蔵、葉月那央、他
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(ドリンク代別)
チケット:店頭(直接来店、または電話予約 027-345-7571(当日引き換え))
問い合わせ:高崎 club FLEEZ 027-345-7571

04月16日(木) HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1
出演:木村竜蔵、前田健太、谷介
OPEN 18:30 / START 19:00
前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500(ドリンク代別)
チケット:ローソンチケット(Lコード:76282)、店頭
問い合わせ:HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1 048-524-4100

◎インストアライブ@イオンタウン上里
04月11日(土)イオンタウン上里 1Fふれあいコート
13:00~/15:00~

関連記事リンク(外部サイト)

木村竜蔵 AZUMA HITOMI起用の世界遺産イメージソング「紡ぐ」CD化
テレビでも人気急上昇中の木村竜蔵 世界遺産をイメージした新曲が
ごとうしのぶとのコラボで話題の木村竜蔵 新作はBLジャケットに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP