ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プレステとSpotifyが提携した“PlayStation Music”スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 音楽ストリーミング・サービス“Spotify”(スポティファイ)とソニー・プレイステーションが提携した、“プレイステーション・ミュージック(PlayStation Music)”が3月30日に発表された。プレイステーションにて、Spotifyの3,000万以上の音楽から好きな曲を楽しむことができるものだ。

 プレイステーション・ミュージックは、Spotifyの無料/プレミアム両ユーザーが利用でき、携帯電話でアプリを起動すればシームレスに作動する。また、ゲームをする人は“Your Music”から曲を選ぶか、ゲーム中心の新しいプレイリストを閲覧できる。曲のスキップや音量調節は携帯電話やタブレットから行う。

 Spotifyの製品責任者、グスタフ・セーデルシュトレームは「音楽はゲームの重要な一部です。お気に入りの曲をバックで流しながら、『Quake』や『カウンターストライク』などのゲームをすると、まったく新しいレベルの体験ができたことを覚えています。この新サービスで我々は、美しいデザインのスムーズな体験が大型スクリーンに映える、音楽&ゲームによるマジックを蘇らせるのです」と述べている。

 ストリーミング・サービスが実行中の機器に適合させるのは珍しいことだ。例えば、映像ストリーミング配信サービスのNetflixはどこに行ってもNetflixだが、これはSpotify風のSpotifyとも、プレステ用にカスタマイズされたSpotifyとも思えるのだ。少なくともプレイステーションにとっては、マイクロソフトのXbox Musicを提供するXboxとの果てなきバトルにおいて、わずかながらプラスとなるだろう。

 なお、“プレイステーション・ミュージック”の開始により、19か国で利用されていたソニーのクラウドベースの定額制音楽配信サービス“Music Unlimited”はあっさり終了した。1月にソニーとSpotifyが提携を発表した際、SpotifyのCEOであるDaniel Ekはプレステ4の熱心なユーザーであることを認めると共に、「この春、私の(ゲーム)『FIFA 15』アーセナル戦で音楽を付けられる事にとても興奮しています」と述べていた。

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・ローリング・ストーンズの名盤『スティッキー・フィンガーズ』がデラックス・エディションでリリース
【サマソニ】参戦のジョンスペが最新アルバム『フリーダム・パワー』を本日リリース
国内洋楽チャートは来日効果でマーク・ロンソン「アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ」が首位返り咲き

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP