ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

保存工夫が必要な野菜 もやしは袋を開けて冷蔵室にそのまま

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春キャベツ、菜の花、せり、セロリ、たけのこ、新たまねぎ、アスパラガス。目にも鮮やかな、みずみずしい野菜が店先を飾る春。でも、暖かくなるにつれて野菜は切り口から傷みやすくなり、保存にも工夫が必要になってくる。

 消費生活アドバイザーの丸山晴美さん(41才)は、祖母や母親から受け継いだ保存法を20年間実践し、毎日の家事でも新たな発見が多いと言う。

「もやしの成分はほぼ水分なので傷みやすいんです。そこで、ビニール袋の口を開け、乾燥している冷蔵室にそのまま入れておくといい。余分な水分が飛んで長持ちします」

 また、ある農家の女性は、「干し野菜のように、保存方法によっては収穫したばかりのときより、野菜本来のうま味や栄養価が増すこともあります」と語る。

 さらに、野菜博士こと、東京都中央卸売市場の青果卸、東京青果の加藤宏一さんは「同じ産地の野菜でも、3月と4月ではびっくりするほど味が違います」とも。正しく選び保存して、最後の最後まで春野菜を食べつくそう。

※女性セブン2015年4月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ほうれん草をゆでずに生のままで1週間冷蔵保存する裏技
しなびた野菜が蘇る「50℃洗い」のメカニズムを開発者が解説
食材を長持ちさせる方法 コーヒーは冷凍し卵は丸い方を上に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP